藍染体験

染は“”という草を発酵させ、石灰や灰汁を加えた液に布を浸した染物です。

私が体験したのは、沖縄県本部半島中央部にある“風”の工房です。

こちらはブティックの入り口。
画像


ブティックでは自家製の染製品を直売しています。Tシャツからジャケットのようなファッション、その他小物も扱っています。
又、店の奥にはカフェもあり、休憩だけに訪れるのもよいでしょう。周りは亜熱帯のジャングル。まるでバリ島にでも行ったようなヒーリングを感じさせてくれます。
画像


画像


染工房はブティックの隣にあります。
画像


地下に掘った水槽にの染料を寝かしています。身の回り品を中に落とさない様、注意しましょう。水槽を掃除すると、中から携帯電話が出てきたりする..との事です。
画像


ハンカチ、ランチョン・マット、ショールと予算や目的によって、布を選べます。私はランチョン・マットにしました。

布を折り紙のように四角くでも、扇のように斜めにでも折っていきます。自分の好きな所を(染めない部分を作る為)木に挟んで留めます。その状態でに浸しては(空気にさらすのでしょうか?)出して、指ですみずみまでをいきわたらせる事を繰り返します。に浸すのは、時間が長ければ長いほど青が濃くなります。5,6回浸して青くなったから出来上がったと思うと、後で水で洗い流した時、色が淡くなり、違いがはっきりわかります。
最後に水で洗い流し、干して乾かせば完成です。
画像


自分で製作した染は、忘れられない思い出になるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント