花のまつり

春うらら…花の開花につれて、各地で花のまつりが催されています。先日、丁度今開催されている2ヶ所を訪れたので、その模様をお伝えしましょう。

その1  上田城千本桜まつり

画像


花のまつりの筆頭は何と言っても“お花見”です。上田城跡公園は、長野新幹線上田駅から徒歩15~20分、上信越自動車道上田・菅平ICからのアクセスです。1582年真田昌幸によって築城され、昌幸、幸村2代の居城でした。徳川軍を2度にわたり退けた城だそうです。

左から南櫓、東虎口櫓門、北櫓。

画像


堀の外からの北櫓。

画像


南櫓のアップ。

画像


櫓は他に西櫓が復元されています。元々天守閣はなかったそうです。

この時期枝垂(しだれ)桜が満開でした。

画像


画像


その他、山桜、彼岸桜、江戸彼岸桜、魯桃(ロトウ)桜、鬱金(ウコン)桜があるといいますが、私にはどの桜が何桜かわかりません。

画像


画像


画像


画像


ソメイヨシノはまだまだ咲き始めでした。

画像


“千本桜まつり”というくらいですから、ソメイヨシノが開花すれば、さぞかし美しい眺めでしょう。4月4日~19日(2009年)期間中踊り、歌、演奏、俳句会等イベントが開催されています。又、夜はライトアップがされています。


その2  信州国際音楽村水仙まつり

画像


その1の上田城跡公園から国道18号線を車で30分程、しなの鉄道大屋駅からタクシーで15分、上信越自動車道東部湯の丸ICから15分程の所に位置します。

300㎡の敷地に約10万本の水仙が咲き誇ります。余談ですが、加藤登紀子の“100万本の赤いバラ”はこの10倍ですから、いかにすごい数か想像できるでしょうか?

画像


画像


画像


まつりと言っても、特に常設のイベントがある訳ではなく、週末に演奏が行なわれているだけです。花畑の中でお弁当を広げる家族連れがくつろいでいます。

種類はラッパ水仙と…

画像


カップ水仙の2種類です。

画像


“水仙まつり”は4月19日(2009年)までなので、その1、その2の2ヶ所を同時に訪れるのは、4月10~19日頃がベストだと思います。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント