サファリパーク

シルバーウィークの混雑も一段落した初秋の某日、生まれて初めてサファリパークを訪れました。私の訪れたのは群馬サファリパーク。交通機関は車ですと、上信越自動車道富岡インターを降りてすぐ、鉄道ですと上信電鉄上州富岡駅からタクシーで15分ですが、園内を廻るサファリバスがあまりひんぱんに出ていないので、マイカーで訪れる事をお薦めします。どうしても鉄道という方は前もってサファリバスの出発時間を調べておくとよいでしょう。そして駐車場に入る前に¥300の支払いゲートがあるので用意しておくとスムースです。

画像


入ってすぐはアフリカゾーン。チャップマンシマウマやアミメキリン…

画像


エランド等の草食動物が見られます。

画像


(強制的に)¥500で借りられるガイドラジオで動物の説明が聞けます。我が家のドライバーは、道といえばドンドン走るものと思ってゆっくりできませんでしたが、後続車が来ても(その車が先に進みたかったら)追い越しますし、その逆もあるので、園内はできる限りゆっくりと走ったほうがベターです。

最初の境界ゲートをくぐると猿・熊ゾーンです。これはアメリカクロクマ、同じ場所を行ったり来たりしていました。

画像


日本猿なんて全然めずらしくないですよね?日本の各地で野生で見れるのですから…

画像


次のゲートをくぐるとウォーキングサファリゾーン。車を降りてお手洗いや自動販売機で飲み物を買えます。ガイドラジオは車に置いておく規則になっています。フラミンゴがお出迎え。

画像


早い話、ここは動物園なのです。 めずらしいホワイトタイガー…

画像


チーター…

画像


ライオンが身近で見られるので、結構ここで長く時間を過ごす事になるでしょう。

画像


そうそう“狼の森”で狼を見るのもお忘れなく!カティは狼と一緒に遠吠えをしたところ、狼が合唱をしてくれました。

画像


再び車に乗りアジアゾーンへ…ここではヒトコブラクダ…

画像


ファロー鹿がいます。

画像


お次はアメリカゾーン。アメリカエルクがいます。

画像


そしていよいよクライマックスⅠライオンゾーン。ケニアでもそうですが、ライオンは獲物を捕らえる時以外は結構ゴロゴロしていて、大きな猫を見ているようなものです。

画像


クライマックスⅡは虎ゾーン。ベンガル虎です。カティははるばるスマトラまでスマトラ虎を見に出かけ、見る事ができなかったので、生まれて初めて擬似サファリにせよ野に放たれた虎を見れて今日一番の収穫でした。

画像


そして最後は再び1番最初に訪れたアフリカゾーンに戻って来ました。ミナミシロサイや…

画像


バーバリシープ等を見てサファリはおしまい!もちろんこれまでに見た動物達はサファリで見れる動物達の一部です。

画像


ここで出たい人は出口に進めばよいですし、再び廻りたい人は(最後と最初のゾーンが同じなので)先程の繰り返しをすればよいのです。
入場料は大人¥2,600、小人¥1,300でシルバー割引(65歳以上)もあります。年間パスポート、大人¥5,000、小人¥2,500(3年間もある)も販売しているので、もう一度来たいと思う人はそれを買うとよいでしょう。
カティとしては“マニアなら結構癖になる”と思います。平日にもかかわらず、かなりの人出で家族連れが来ていて期待以上でした。
カティは昔(?)ケニアでサファリをした事があります。その素晴らしさは人生に一度は体験する価値のあるものです。でも日本の擬似サファリも結構いい線いっているなと思いました。
ケニアにこれから行こうと思っている人、行けない人にとってテイスティングくらいの価値はあると思います。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント