バースデー・ディナー at トエダ

家庭画報 5月号でこのレストランを知りました。リゾートでいただくランチの特集で、とりあげられていたのです。2011年4月のオープンだそうですが、最近まで気がつきませんでした。シェフ戸枝氏は、追分のドメイヌ・ドゥ・ミクニにいたのですが、オーナーズ・レストランを持ったという事です。

カティの以前のブログ“バースデー・ディナー at ドメイヌ・ドゥ。ミクニ”を御覧になった方は、なぜカティが今年のバースデー・ディナーをここでしたい‥と思ったか?理由がおわかりでしょう?

もよりの公共交通機関は、しなの鉄道中軽井沢駅からタクシーで5分程ですが、長野新幹線軽井沢駅からタクシー15分程の方が良いでしょう。

レストランは奥様がサービスを担当しており、10~12名程で一杯になるようなこじんまりしたレストランなので、事前の予約をお奨めします。

画像


このアミューズ・ガルを見るとドメイヌ・ドゥ・ミクニでのバースデー・ディナーが思い出されます。

画像


ワインは手頃なフランス、プロバンス地方産を選びましたが、長野県産ワインも揃えて欲しいところです。

前菜 信州豚と林檎のジュレのパテアンクルート、バジルマヨネーズとオニオン

画像


画像


まるで懐石料理のよう!これからどんなお料理が出てくるのか、心が躍ります。

スープ コンソメ・ド・ラングスティーヌ(手長海老のコンソメ)

画像


カティも海老のポタージュを作りますが、海老のコンソメは初めてです。しっかり味がでています。浮き身はラビオリの中に海老のすり身がワンタン上になったもの。

前菜その2 フォアグラ スパイスの効いたフォアグラのシュー パビリカとマイスのピューレ

画像


ピューレの味が何とも言えません。家庭で出せる味ではありませんね?

後ほど説明しますが、私達は+¥1,500追加して魚料理としてアワビを注文しました。

魚料理 アワビ 柔らかく煮た北海道産蝦夷鮑のパイ包み焼き 仔牛のジュレとソースペルシ

画像


これが大成功!¥1,500追加の価値がありました。

肉料理 信州牛A4フィレ肉のロティー ジャガイモのリヨネーズ ソースポルト

画像


こちらのお料理は+¥2,000の追加となります。

デザート オレンジゼスト風味のタルトショコラ バナナのキャラメリゼを添えて

画像


デザートは3種の中から選びます。カティはチョコレートを選びました。

この後、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティーのいずれかを選び、プティガトー(カヌレとマシュマロ)が出てディナーは終了です。

画像


ディナーはコーズのみで、¥6,500のメインに魚又は肉を選ぶメニュAーと、¥8,500のメインに魚も肉も出てくるメニューBの中から選びます。別途消費税、サービス料が5%づつ付きます。

我が家はメニューAを選び、最初からシェアする旨伝えました。写真のお料理が小さいのは、元々1人分のお皿を半人分にしてサーヴされているからです。出てきた料理を後からゲストがテーブル上で分けあうより、見た目も美しく、とても良いサービスだと思いました。

数年前、ドメイヌ・ドゥ・ミクニでバースデー・ディナーをいただいた時、今後も毎年こんな誕生日を迎えたい‥と思いました。でも実際は家族の誰それが“歯の具合が悪い”とか“お腹の調子が良くない”とか‥無事に誕生日やクリスマスを共に迎えるのは大変な事だ‥という経験をしました。

普段、静かな日々を送っていても、人生の節目、節目にできる限り思い出になるような時間を持ちたいですね?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント