美食のランチと絶景 その3

眼下に広がる皇居、遠くには新宿の高層ビル‥と東京の一等地の絶景が眺められるこのレストランは東京駅丸ビル35Fにある“Sens &Saveurs”(日本語で“感覚と風味”の意味)です。
画像


南仏モンペリエにあるレストラン“Le Jardin des Sens”(日本語で“感覚(私は感性と訳したい)の庭”の意味)の双子の二つ星シェフ、ジャック&ローラン・プルセルが、日本人の長谷川幸太郎シェフと共にプロデュースしているレストランだそうです。

カティはこのレストランを目的として予約して訪れたのではなく、たまたま昼食に丸ビル高層階を訪れ、店頭のメニューが気に入り入店しました。

アミューズ・ガル  “豚肉のフリット”(?) 飲み物はビールを注文しました。
画像


ここでちょっとトラブルがありました。テーブルに運ばれたメニューと店頭で見たメニューと内容が全く違うのです。私達は店頭のメニューを見て入店したので、例えば、鯛の代わりに鮭が出てきたり、鶏のはずが鴨が出てきたりでは、人によって好みがありますから、「これでは困る!」とクレームをつけました。厨房と相談し、店頭メニューが用意できる事になり、事なきを得ました。

前菜  オレンジ風味の(南瓜だったか?人参だったか?忘れました)ムース
画像


前記の理由で店頭でざっとメニューに目を通しただけで、紙に書かれたメニュー内容を再確認できなかったため、私の説明も料理が運ばれた時に説明を受けた記憶によるものなので、つたない説明をお許しください。

肉料理  鶏と春巻きに包まれた蟹、野菜のグリルにカプチーノ仕立てのソースを添えて
画像


魚料理  真鯛のポワレ、野菜のグリルにメレンゲ(?)ソースを添えて
画像


テーブル・メニューでは魚が鮭だったので、「鮭と鯛じゃ大違いだよね。」と話しながら美味しい料理に舌鼓!当初トラブルがあった事も忘れさせるほど…食後「美味しかった!」と賛美の言葉を述べ、満足しました。

別料金のデザートはチョコレートという事で注文しませんでした。

「食後のコーヒー、紅茶はバー・コーナーでどうですか?」という誘いで、バー・コーナーに場所を移し、ブログ冒頭の絶景を楽しむことに…
画像


写真はハレーションで失敗しましたが、右手には新しく建てかえられたパレスホテルがあって、池袋方面も見渡せるのです。この写真は東京タワー方面です。左手上方に小さく東京タワーが写っているのがおわかりいただけるでしょうか?
画像


天気がよくて、お食事も美味しく、万々歳でした。

私達のいただいたコースは一番お手軽なコースで、¥3,200(税込、サービス料10%別途)です。平日のみの利用となります。

ランチは¥3,200~¥8,400(税込、サービス料10%別途)の間、4カテゴリーあります。

たまたま昼食に入った丸ビル、開業10周年なのか?昼食時でオフィスからの人出も多かったのですが、35Fは別世界でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント