沖縄のパワースポット 斎場御嶽

伊勢神宮、出雲大社‥日本には古来より神にまつわる聖地がいくつか存在します。ここ斎場御嶽も琉球王国時代、最高の聖地でした。

御嶽とは南西諸島に広く分布している聖地の総称で、本土の四国霊場巡りのような東御廻り(あがりうまーい)という聖地巡拝があり、斎場御嶽もその巡拝地の1つでした。

御門口(うじょうぐち)
画像

御嶽内へ入る参道の入り口。入る前には(現在は木が生い茂り、目にする事はできないが)参道前に泉があり、ここで身を清めたという。

大庫理(うふぐーい)
画像

御門口(うじょうぐち)から登って左手に見える最初の拝所。斎場内の拝所は首里城内の場所の同名が命名されている。

寄満(ゆいんち)
画像

大庫理(うふぐーい)の岩をぐるりと回った反対側にあろ。寄満(ゆいんち)も首里城内にある台所と同名が命名されている。いわば台所(トイレじゃないですよ!)の神様といったところ。

この場所は二股道の左手の突当りにあたる。今来た道を再び戻り、二股道分岐点を今度は右手に向かう。

“しきよだゆる”と“あまだゆる”の壺
画像

2本の鍾乳石から滴り落ちる“聖なる水”を受けるため、2つの壺が据え置かれている。この水が満ち満ちている時は豊作、壺に水がたまらないときは凶作だという。

三庫理(さんぐーい)
画像

2本の鍾乳石と、三角形の空間の突当り部分はそれぞれ拝所となってる。この三角形の空間を潜り抜けると‥

久高島(くだかしま)
画像

琉球王朝時代の神事が行われた、神の島とよばれる。琉球発祥の祖“あまみきよ”が天から降りてきて最初につくったとされている島。

画像

歴代の琉球国王は久高島参詣を欠かすことはありませんでした。島には現在でも神秘的な祭事がそのまま残っているので、民俗的に貴重な島として注目されている。

私の知る限り、聖地に限られた人しか入れない場合、多くは女人禁制とか、一定の宗教の信者のみの異教徒禁制であって、男人禁制という聖地は聞いたことがなかったが、ここ斎場御嶽はかって男人禁制であった。唯一入場できたのは琉球国王で、主に王族の女性から任命された聞得大君(きこえのおおきみ)=最も名高い神女と祝女(のろ)と呼ばれる(本土でいう)巫女達と祭事を行った。ガイドは大奥のようなものと言っていたが、女性が2面性を持っていたかどうか?気になるところ…

琉球王朝は7代で途絶える初代尚王朝と、400年続き明治時代に廃止されるまで続いた第二尚王朝に分かれるが、初代尚王朝最後の国王が聞得大君(きこえのおおきみ)と久高島で過ごしていた時、クーデターが起きて国王は自害し王朝は倒された‥という説明書きを目にした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント