大宝冠木(おおほうかんぼく)

このマメ科の美しい花は、熱帯アメリカ・西インド諸島に分布しており、約30種の仲間があるそうです。豪華な花を咲かせる30種の仲間の中でも、大宝冠木(おおほうかんぼく)は最も大きな花を咲かせ、花の美しさから「大きな宝冠を咲かせる木」→大宝冠木(おおほうかんぼく)‥という名が付けられたそうです。

画像


英名では外観がバラに似ている事から、Rose of Venezuela(ベネズエラのバラ)と呼ばれています。

カティは沖縄海洋博記念公園、熱帯ドリームセンターでこの花の開花に巡り合いましたが、この花は開花に至るまで長時間を要するため、開花報告はあまり多くないそうです。

カティの2009年5月のブログ、“山芍薬”の花を見た時、美しさにとても感動しましたが、この花も一輪しか咲いていませんでしたのに、花に見とれ、しばし花の前で時が経つのを忘れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント