ベランダ・ストーリー

第1章

ある夏の暑い日、表を飛んでいる大きめの蜂に目が留まりました。スズメバチかな?それにしても目が大きいオレンジ色をしていないし‥と目で追っていると、蜂はベランダの端に向かいました。なんと!そこにはメロン大のスズメバチの巣が!

画像


おまけに天井付近にはもう1つキゥィー大の巣もあるではありませんか!

スズメバチの巣は、田舎の古い日本家屋の軒下や屋根裏に作られ、我が家には無縁なものと思っていました。それがタイル壁にも作られるのですね?後日、業者に除去してもらいましたが、既に巣のないベランダを未練がましく飛んでいるスズメバチの姿がありました。

第2章

ホームセンターで販売しているセキセイインコの巣箱を購入し、ベランダに取り付けました。

画像


市販の巣箱は下部に引出しがあり、掃除が容易なので、複数回野鳥に利用してもらえる‥と思ったからです。

案の定、新築物件なので、4月初旬~5月中旬にかけてはヤマガラが‥6月初旬~7月中旬にかけてはシジュウカラが子育てをしました。

当初、シジュウカラがひんぱんに内覧に訪れていましたが、鳥の世界にも力関係があり、後客のヤマガラに横取りされてしまった次第です。

入口から顔を出しているシーンは撮影できませんでしたが、こちらは餌を運んでいるシジュウカラです。

画像


第1章のビジターはお断りですが、第2章のビジターは大歓迎です。

第3章

シジュウカラのヒナが巣立った後、しばらくして、来シーズンのために巣箱の中を掃除、消毒しようと思い、巣箱を開けました。すると3cm位の厚みで、あのような小さな鳥がよくこれだけの床を作ったな‥と驚くほどほどの立派な床が中から出てきました。(ちなみにヤマガラの時も同様な床でした。)床の上には孵らなかった卵が1つ残っていました。傍に楊枝を置いたので、大きさがお解りいただける‥と思います。人間の小指の先のような卵です。

画像


来年も小鳥たちに帰ってきてもらいたいものです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント