魅惑のバリ・ダンス

プロムナード・ブログの右サイド・バーにあるアルバム“インドネシア旅行 バリ島”では、バリ・ダンスの写真を公開しましたが、旅行アルバムのため、舞踊全体がわかる写真のみの公開でした。今回のブログではダンサーの表情をアップした写真をお見せいたしましょう。

トペン(仮面)
画像


スティアキ王子。パンダワ国5王子の味方。クリシュナ王の従兄弟で手下。

レゴン(宮廷舞踊)
画像


バリ島の伝統的な宮廷舞踊。

クビャール(稲妻)・トロンボン(楽器名)
画像


1920年代に創作された舞踊で、トロンボンという打楽器を前にして演奏しながら踊る。

プニャンブタン(ウェルカム・ダンス)
画像


本来は祭礼のとき降臨した神々に供物をささげる踊り。

バリス(戦士の舞)
画像


バリスとは隊列の意味。バンダウ王5人兄弟の3男、アルジュナの息子、アビマニュ王子。

レゴン(宮廷舞踊)
画像


アビマニュ王子の妻となるシティ・スンダリ姫。

トペン(仮面)
画像


ドゥルガ。シヴァ神の妻ともいわれている死の女神。

演目は“マハバーラタ”中の“アビマニュ物語”の一説です。

私のカメラは一眼レフで~200mmまで撮影できるズーム・レンズを装着していますが、私達の座席からはとてもこれだけのアップは撮影できません。これらの写真は一緒に旅行した家族がニコン COOLPIX S9500(光学22倍ズーム、ダイナミックス・ファインズーム高画質44倍)で撮影しました。

以前所有していたCOOLPIXを、今回の旅行前に買い替えたのですが、正解だったと思います。

私も~300mmまで撮影できるズーム・レンズに買い替えたいなぁ…(ついでにカメラもね!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年11月05日 20:40
こんばんわ
バリダンス好きですね。
ウブドゥに、何度か行ったことがありますが、毎回、夜は、必ず、何かしらの、バリダンスを観賞して楽しんでいました。
いい思い出です。
いつか、また行きたいですね。
いい、思い出をが、よみがえりました。
ありがとうございました。