八重山料理 潭亭

八重山諸島(石垣島以西~与那国島)の料理が沖縄本島、那覇市で食べられる‥と聞き、出かけて行きました。

前菜  後列左から、枇杷酒、ゴーヤゼリー、前列左から長芋のあえ物、豆腐ヨウ、あともう1つは何でしたっけ?

豆腐ヨウは前々から知ってはいましたが、色が生々しく、自分で購入してまで食べたいとは思わなかったのですが、この機会に初めていただきました。チーズのような味です。
画像


野菜の炊き込み  

さっぱりした薄味です。京料理にも通じるところがあります。山菜はアダンやオオタニワタリ等の八重山特有の山菜を使用するそうです。
画像


田芋のあえ物

芋を煮潰したり、蒸したり、芋がよく出てきました。
画像


ピーナッツ豆腐

沖縄に行くと、ピーナッツ豆腐をよく食べるのですが、このピーナッツ豆腐はモチモチとしていて、高級な胡麻豆腐のようで美味しい味でした。手作りだそうです。
画像


ピーナッツ汁

日本人にとっては、吸い物でない汁と言えば味噌汁ですが、この汁は味噌の代わりに練ピーナッツを使っています。案外さっぱりしていて美味しい味です。
画像


野菜の漬物

上段左はハイビスカスのガクを酢漬けにしたもの=ローゼル、その右は島唐辛子ですが、飾りです。中段左はクワンソウ(ユリ科)、中は梅漬けゴーヤ、右は島ラッキョウ、下段は大根の梅味噌漬け等です。
画像


上段左は昆布巻き、その右はかまぼこ。下段左は豚肉の胡麻のせ、その右は田芋です。沖縄では昆布巻きの中身はカジキマグロだそうです。
画像


白和え  中味が何だったか?思い出せなくて…

画像


彩飯と漬物    

彩飯の味付けが本土の御飯ものとは異なる気がしました。さっぱりとした味付けです。

画像


甘味  手前はパイナップルですが、後方は月桃の葉ののせた豆餅です。

画像


私達がいただいたのは八重山会席というランチで、¥3,000と¥5,000(税別)のコースがあります。夜の八重山会席は¥7,000、¥8,000、¥10,000(税別)となっています。(2014年12月現在)

内容はおまかせで、季節の食材をいかした料理のようです。

アクセスはゆいレール儀保駅から徒歩10分位。虎頭山の中腹、バルコニーからは首里城が見渡せます。

画像


以前、東京赤坂で同名の沖縄料亭に行った事がありますが、(プロムナード・ブログ内参照)そちらとは関係ありません。

今まで食べた琉球料理とは又違った印象を受けました。珍しい物が出てくるので、後からお料理の写真を見ても、それが何だったか思い出せず、ブログ作りに苦労しました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント