ふぐ三昧(ざんまい) その1

下関春帆楼(しゅんぱんろう)は、読んで字のごとく、本店は山口県下関市にあるふぐ料理のお店です。何年も前、航空会社の雑誌で知り、下関に行ってふぐ料理を食べてみたい‥と憧れていました。最近になって、東京店がある事を知り、新年会を兼ねて、冬の味覚“ふぐ”を東京・永田町にある下関春帆楼東京店でいただきました。

きき酒三点セット(右から獺祭50、東洋美人、五橋)
画像


飲み物リストの中に、三種の山口県地酒のテイスティングを見つけ、これを注文しました。三種の地酒は、右から、辛口、甘口、辛口と甘口の中間‥というように、それぞれの味覚があり、これを注文してよかった!と思いました。

先付  あん肝角煮、菜の花
画像


これはあん肝です。ふぐの肝はたしか猛毒でしたよね?

前菜  子持昆布、黒豆松葉刺し、柿なます、鮭燻製小川〆、鴨ロース煮、金柑砂糖漬け、才巻海老芝煮
画像


前菜は毎月替わる‥との事です。今月はお正月を意識した料理になっているそうです。

造り  ふく薄造り
画像


お待たせしました。ふぐづくしの始まりです。こちら店では、ふぐを“ふく”と呼んでいますが、私は一般呼称のふぐを使わせていただきます。写真は3人前です。きれいに食べつくし、仲居さんに、「料理長が喜びます。」と言われました。

白子  ふく白子塩焼き
画像


私達は塩焼きを選びましたが、塩焼きと酒蒸しを選べます。ふぐの白子は初めてで、食べる前は皆のらなかったのですが、美味しくて、食わず嫌いをするものではないな‥と思いました。

焼き物  ふくたまり焼き
画像


ふぐのたまり焼きも初めて食べました。

鍋物  ふくちり鍋 大名椀
画像


一般的には大きな土鍋でつつくものですが、こちらのお店では前もって用意した一人用の椀に盛って出されます。接待でお客様と一緒に鍋をつつく事がないようにとの配慮かもしれません。

揚物  ふく唐揚
画像


このお料理は以前いただいた事があり、美味しい事は知っていました。私は焼いたふぐより、揚げたふぐの方が好きです。

味噌椀  ふく合わせ味噌仕立て、  食事  ふく雑炊 香の物
画像


味噌汁の具もふぐです。ふぐの味噌汁も初めての経験でした。ふぐのだしが出た雑炊でふぐは終了です。

菓子 苺 紅まどんな
画像


最後にデザートが出ます。今まで小料理屋でいただいていたふぐは、せいぜいヒレ酒、造り、鍋物、雑炊、デザート‥といったところだったので、このたびはふぐを堪能しました。

コース料理はいくつかありますが、今回私達が注文したのは、環(たまき)¥23,760(税込)のコースです。きき酒セットは¥1,620(税込)で、これらに別途サービス料10%が加算されます。

もちろんふぐなので、美味しい事請け合いです。言わずもがな!

アクセスは東京メトロ永田町から徒歩3分程です。JA共済ビルの中にありますが、私達は知らずにビルの中に入って受付で店の場所を尋ねてしまいましたが、外部に面して専用の入り口がありますので、そちらからどうぞ。










ふぐといえば下関!「ふぐ唐揚げ1.0kg」たっぷり約50個入り
夕張名産センター

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふぐといえば下関!「ふぐ唐揚げ1.0kg」たっぷり約50個入り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

●ひれ酒用 国産とらふぐひれ10g(約1升分)ポスト投函便なら送料無料 ポイント購入のおすすめ♪
味縁
《関連ワード》とらふぐ ひれ酒 ヒレ酒 鰭酒 ポスト投函便代引不可 下関 ★作り方の説明書が付いてい

楽天市場 by ●ひれ酒用 国産とらふぐひれ10g(約1升分)ポスト投函便なら送料無料 ポイント購入のおすすめ♪ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント