新春祝い膳 その5

東京で迎える2回目の新春祝い膳です。場所選定のキーポイントは、お正月でも営業している事。そのためホテルの日本料理を選びます。そして初詣でに行く神社が近くにある事です。

‥というわけで、今年は赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京の雲海でいただきました。予約時に「おせち料理ですよ。」と念を押されましたが、本当におせち料理で、重箱で一度に出てきます。

一の重(左) 栗金団、烏賊印籠焼き、牡丹百合根蜜煮 梅肉、市松かぶら砧巻き、数の子、寿老鞘巻き海老、笹巻き麩 手毬麩、子持鮎昆布巻き、柚香伊達巻き、細魚と鮭燻製手綱、紅白千代呂木、金柑膾(いくら醤油漬け)、春山床武士堀川牛蒡鶏そぼろ射込み、松笠慈姑、新竹の子土佐煮、光琳梅人参、富喜青煮、餅花

二の重(右) 紅白、鰆西京漬け、鮭幽庵焼き、大王松に玉人参・玉大根あちゃら、黒豆羊羹 金箔・銀箔、照り五万米、南天 裏白 ゆずり葉
画像


雑煮椀 関西風(京都西京味噌)白味噌仕立て 丸小餅、海老芋子、日の出金時人参、亀甲大根、春子椎茸、大納言、祝菜、辛子、口 へぎ柚子
画像


関東風のすまし汁と関西風の白味噌仕立てが選べます。私は関東風なら、自宅で作れるので、関西風を選びました。

デザートはつきません。入れ替え制なので、決められた時間内に食事を終えてもらいたいのでしょう?料金は¥8,500、別途消費税、サービス料13%がつきます。。

おせち料理だったせいか?雲海の日本料理はどのような感じなのか?わかりませんでした。昨年の祝い膳は、おせちがかってなかったので、去年と今年の中間くらいが理想的でした。

食後は近くの赤坂氷川神社へ初詣でに行きました。昨年の日枝神社は混んでいたので、ここならましだろう‥と思いましたが…

最初、知らずに神社の旧参道から入り、人気(ひとけ)もなく、神社によってこうも人出も違うものだ‥と思いましたが、境内に入ってビックリ!新参道の表の道路まで参拝客があふれかえっています。結局、並び直し!

神社は大きいなら大きいなりに蛇口が大きく、小さいなら小さいなりに蛇口が細くなっていて、参拝にかかる時間は同じなのだなぁ‥と思いました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント