パリリャ祭

前回のブログ“サルティリア祭”の終了後、会場を別の会場に移して、夕方から“パリリャ祭”が始まりました。会場といっても、両会場とも町のメイインストリートに(馬が疾走するので)土を敷いたものです。 最初に民族衣装を着た人々がパレードをします。 その後、祭の中心人物“コンポニドーリ”が、スミレの花束を持って、人々の前に姿を現します。コ…
コメント:0

続きを読むread more

サルティリア祭

毎年、イタリア・サルディーニャ島オリスターノのカーニバル最終日曜日(元々は百姓のギルド主催)と最終火曜日(元々は大工のギルド主催)にサルティリア祭が開催されます。 祭の中心人物をコンポニドーリと呼び、シルクハットの帽子、手にはスミレの花束を持っています。一度馬にまたがると、衣装を脱ぐ夜まで馬から降りれません。 まるで競馬のスタートの…
コメント:0

続きを読むread more