ランチ at ラフィナージュ 銀座

前回に引き続き、東京・銀座でのランチです。いつも定期的な会食は偶数月に行っていましたが、緊急事態宣言のため、4月の会食が流れてしまい、そのまま中止するのも残念だ‥とのことで、7月に行いました。

アミューズ・ガル その1
DSC_0566.JPG
いつものようにアミューズ・ガルはメニューにはなく、右下がシューだったことは覚えていますが、記憶が曖昧です。自分独りの食事なら、説明をその場でメモするのですが、複数人での会食は写真を撮らねばブログにもならないし、そうこうしているうちに他の人は食べ終えているし、ままなりません。

アミューズ・ガル その2
DSC_0567.JPG
これははっきり覚えていますよ。西瓜のガスパチョです。西瓜を使っているのに、味はしっかりとガスパチョなので印象的でした。とても美味しいです。こういう繊細な料理は、このレストランが美味しいレストランか?どうか?はっきりわかります。

前菜 その1 鮎のコンフィとリエットのコンポジション
DSC_0568.JPG
お魚は鮎です。私はフランス料理で鮎を食べたのは2回目です。意外な食材ですが、フランス料理に鮎はよく合います。

前菜 その2 ホタテ貝のソテーとカブのクーリーのハーモニー
DSC_0570.JPG
見た目の美しさ!それに見合う味!またいつか訪れたいお店ですね?

魚料理 五島列島産スズキのポワレ、若摘みブドウのヴェルジュソース
DSC_0571.JPG
甘すぎず、濃すぎず、ソースの微妙な味付けが美味しいお料理の決め手だと思います。

肉料理 シャラン産鴨のロースト、カルヴァドスソース
DSC_0572.JPG
味付けはフランス・ブルターニュ地方のお酒を使用しているのに、なんだか鰻の蒲焼のタレで仕込んでいるような味付けでしたね。不思議な感じでした。

デザート アーモンドのブランマンジェとハチミツのアイス
DSC_0573.JPG
これは美味しかったです。メニューで想像しただけでも美味しそうでしたけど…この店もメインディッシュが美味しく、デザートも美味しい店の中の一つです。

プティフール、カフェ
DSC_0574.JPG
プティフールは奥から時計回りに、マカロン、ソフトチョコレート、マドレーヌです。カフェはカプチーノを注文しました。

写真には撮りませんでしたが、パンにはフランスのエシレのバターが添えられています。このお店は食材に一流品を使用している‥と思いました。

前回のスリオラも、ここラフィナージュも、私達の退店時にはシェフが玄関に挨拶に出ていました。お二人のシェフとも30~40代のように見えました。2店とも銀座の一等地に店を構え、厳しい競争の中、これだけの料理を提供するのですから…シェフとして腕前は年齢によって完成するのではなく、その人の才能だ‥とつくづく実感します。

ランチは1種類のコースのみで、アラカルトはありません。お値段は¥7,000(令和2年7月現在)、別途サービス料10%、消費税が付きます。

アクセスは東京メトロ銀座駅からも、都営地下鉄東銀座駅からも近くにあります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント