目黒川クルーズの花見

亡父の介護中は予約を入れるクルーズ船の花見は無理でしたが、今春は初めて船上からのお花見を体験しました。参加したツアー船の発着は大森・平和島でしたので、京浜運河から目黒川に入り、遡上しました。

(天王洲)アイル橋と昭和橋の間にある水門
画像


水門には“しながわ”という文字が絵の中に隠されているそうです。クジラの目が“が”の濁点といいますが、私には何回見ても“し”しかわからなくて…

荏原神社と鎮守橋
画像


第一京浜を渡す東海橋から数えて3つ下流にある橋です。

左手に大崎ゲートシティを眺めて
画像


このあたりから上流山手線周辺にはビルが立ち並びます。

左手に大崎ニューオータニ・インを眺めて
画像


この橋は最近できたビルからビルへの連絡橋です。

山本橋に向かって‥
画像


(その昔、徳川将軍が御殿山へと向かった)御成橋を過ぎると、船は大崎から五反田へと向かいます。

五反田から目黒へ‥
画像


狭い川ですから、何回か小回りで蛇行しながら進みます。

目黒から五反田へ‥
画像


船は雅叙園手前で折り返し、再び今まで航行してきた川を下ります。

東急目黒線(上)と亀の甲橋(下)
画像


私は撮影中は山手線だとばかり思っていたのですが、山手線はもっと下流なので、目黒線だったのですね?

首都高速(上)と谷山橋(下)
画像


橋が上下二重になるのも大都会ならではです。

御成橋
画像


この赤い欄干が、先ほど話した御成橋です。船は五反田から大崎へと下ります。

大崎から下流(特に第一京浜下流)は桜の数も随分少なくなります。品川区にはがんばってもらって、いつの日にか両岸を桜並木にしてもらいたいものです。

普段、なにげなく渡っていた橋、あたりまえのように行き来していた川沿いの景色が、桜を通して水上から感動的な光景に変わったのを楽しみました。

"目黒川クルーズの花見" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント