ランチ at グンデル ブダペスト

前回に引き続き、海外旅行でのランチ、今回はハンガリーの首都ブダペストです。私は、こんな美味しいフォアグラを食べたことはありません。それもそのはず、玄関のロビーにはイギリスのエリザベス女王夫妻をはじめ、各国のセレブがグンデルを訪れたときの写真が飾られています。 前菜 今回もお店からのお料理の説明はありませんでしたが…
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at アピシウス ヘレンド

外国のランチを紹介するのは、初めてです。ヘレンドの器もさることながら、お食事の美味しさに魅せられました。ハンガリー旅行の際はぜひヘレンド工場や博物館見学だけでなく、アピシウスでのランチを旅程に入れてください。 アピシウス 陶器のライオン像左手に工場や博物館見学のチケット売り場があります。ライオン像まっすぐ後方がアピシウス…
コメント:0

続きを読むread more

迎賓館 和風別館 游心亭

昭和9年(1974年、谷口吉郎によって設計されました。写真は、入場した裏口から和風庭園を通る時に撮影したものですが、正面玄関、正面玄関を入って右手の坪庭と建物内部は写真撮影が禁止されています。 私達が入場した建物裏口から、歩いてきた方角を振り返って撮影した写真です。池を隔てて、紅梅や白梅が植えられ、花の咲く季節は、…
コメント:0

続きを読むread more

向島百花園

都立文化財9庭園の1つ、向島百花園を訪れました。向島百花園は、1804~1830年に造園された江戸時代から続く、現存する唯一の花の庭園です。当時は将軍、幕府の要職の方々が訪れました。現代は東京スカイツリーが借景になっています。 園の大きさは、今までに訪れた中で一番と言ってもよいほど、小さな広さでした。 私達が訪れた頃…
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 小笠原伯爵邸 河田町

小笠原伯爵邸は昭和2年、代々小倉城の大名であった小笠原家の敷地に、第30代当主・小笠原長幹(ながよし)伯爵によって建てられました。現在はスペイン料理のレストランとなっています。今回のブログではお料理と邸宅の両方から紹介していこうと思います。 玄関 まるでスペインにやって来たようなエントランスです。 グランド・サロン…
コメント:0

続きを読むread more

三回忌 at 福田家 紀尾井町

早いもので、亡父の三回忌を迎えました。法要は近親者のみで行い、法要後の食事を北大路魯山人ゆかりの、東京・紀尾井町 福田家でいただきました。 前菜  祥瑞坪々 山葵の葉  煽り烏賊と筍 アボガド 木の芽和え おかべの蝦蛄の胡瓜巻 白身魚雲丹香煎焼 唐墨大根 ホワイトアスパラ 唐墨は自家製との事。日本料理は最初の一皿で、…
コメント:0

続きを読むread more

バースデー・ランチ at シェ・イノ 京橋

今春も私の?回目の誕生日がやってきました。今回のバースデー・ランチは東京・京橋の“シェ・イノ”で行いました。 前菜 オマール海老のガトー仕立て“コート・ドール”風 テリーヌ好きのカティとしては、このテリーヌが食べたくて、このコースを選びました。メインにオマール海老を使い、野菜を添えてキャベツでくるみ、タラバガニを添え…
コメント:0

続きを読むread more

東洋のモナリザ

カンボジア、アンコール遺跡群の1つ“バンテアイ・スレイ(女の砦)”には、“東洋のモナリザ”と呼ばれる美しい彫像があります。 フランス人作家、アンドレ・マルローは、この遺跡の祠堂に刻まれたデバター(女神)像に魅せられ、1923年に盗掘し、国外に持ち出そうとして逮捕され、のちにこの事件をもとに“王道”という小説を著したことで有名な…
コメント:0

続きを読むread more

ふぐ三昧(ざんまい) その2

遅い新年会ともいえる、今年初めての親族との初顔合わせに、東京。丸ビル35Fの山田屋にふぐ料理を食べに行きました。山田屋は大分県・臼杵市のふぐ料亭ですが、東京には西麻布(夜の部のみ)と丸の内に支店があります。ランチもいただける丸の内店での食事となりました。 先付 菜の花、チーズ西京漬、菱餅形の豆腐、ワラビ、鮑、粟麩、ふぐのにぎり等で…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ローズ展

東京・池袋サンシャインシティで開催されたクリスマス・ローズ展に出かけました。会場入口では出店社のブースが続き、展覧会とは言え、商談会のようだな‥と思いましたが、出口近くになってやっと新花コンテスト、入賞花が並びました。 最優秀賞、日本クリスマス・ローズ協会・会長賞 クリスマス・ローズにしては珍しい漆黒に近い紫色ですね…
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その5

東京で迎える2回目の新春祝い膳です。場所選定のキーポイントは、お正月でも営業している事。そのためホテルの日本料理を選びます。そして初詣でに行く神社が近くにある事です。 ‥というわけで、今年は赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京の雲海でいただきました。予約時に「おせち料理ですよ。」と念を押されましたが、本当におせち料理で…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ランチ at ベージュ アラン・デュカス 銀座

早いもので、クリスマスを東京で過ごすようになって1年が経ちました。亡父の死去以来、親族と共に過ごすクリスマスになり、クリスマスが近づくと、今年のレストランはどこにしょう?と始動します。‥という訳で、今年のクリスマスはシャネル銀座ビル10Fのベージュ アラン・デュカスで迎えました。 さすがに最上階だけあって、素晴らしい眺めです。…
コメント:0

続きを読むread more

皇居・乾通りの通り抜け

乾通りの通り抜けを春・秋2回行ったので、写真を追加し、ブログをリニューアルしました。 坂下門 もう何回も実施しているせいか?混んではいますが、順調に流れています。 宮殿方面 ロープで規制線が張られ、そこからの眺めです。 富士見櫓(ふじみやぐら) 皇居内に、今日まで残る3つの櫓の1つで、皇居東御苑に廻る…
コメント:0

続きを読むread more

顔白雁(カオジロガン)

フィンランド、ナーンタリにあるナーンタリ・スパ。ホテルは海辺に面した北欧有数のリゾート・ホテルです。このホテルに滞在中、庭を散策していると、雁の群れに出会いました。 開設当初のプロムナードのブログ“シジュウカラガン”に似ていますが、それとも違います。 何と言う名の雁が?わからないまま、旅の最後の訪問地、ヘルシ…
コメント:0

続きを読むread more

旧朝倉家住宅

重要文化財、旧朝倉家住宅は大正8年に東京・渋谷区猿楽町に建てられました。朝倉家はこの地の地主で、建築時の当主、虎治郎は朝倉家に養子に入り、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任しています。 しかしながら、戦後の困難期に、この住宅は社団法人中央馬事会へ売却され、その後は旧農林省へ譲渡、経済企画庁の渋谷会議所として近年まで使用さ…
コメント:0

続きを読むread more

横浜山手西洋館めぐり

前々からずぅ~っと行きたかった、そして場所によっては何十年ぶりの再訪の場所、横浜山手をめぐりました。 まず訪れたのはブラフ18番館‥ 大正末期に建てられた外国人住宅で、平成3年までカトリック山手教会の司教館として使用された後、平成5年に現在のイタリア山庭園内に修復復元されました。 館内ではこの住宅が建てられ…
コメント:0

続きを読むread more

マリリン・モンローのパール・ネックレス

東京・銀座のミキモト・ホールで催されている“THE PEARL NECKLACE”展を訪れました。なかでも注目すべき展示品、マリリン・モンロー愛用のパール・ネックレスは‥ 新婚旅行で日本を訪れた時、マリリン・モンローの夫ジョー・ディマジオが、妻のために購入し、プレゼントした‥といいます。 セックス・シンボルと言わ…
コメント:0

続きを読むread more

ドリンクはタブレットで選ぶ

今夏、旅行先のフィンランドのホテルの朝食ビュッフェで初めて目にしたドリンク・サーヴァーです。 中味のわかる透明な箱型のサーヴァーの注ぎ口に、グラスを押し当ててサーヴする装置はよくありますが、この装置は、右手のタブレットに表示された希望のドリンクをタップします。 すると、希望のドリンクがグラスに適量サーヴされる‥と…
コメント:0

続きを読むread more

春の特別公開 サントリーホール・ルーフガーデン

東京・赤坂アークヒルズ、サントリーホール(2017年5月現在休館中)屋上には、春の間、数日間だけ公開される(今年は4/23、5/3~5と4・5月の毎週金曜11:00~13:30)ルーフガーデンがあります。 ビルの屋上ですので、急な鉄階段を上り下りしながら観賞する小さな小さな庭園です。 花をアップして撮れば別で…
コメント:0

続きを読むread more

一周忌 at 玄治店(げんやだな) 濱田家 人形町

早いもので、亡父の葬儀から1年がたち、一周忌を迎えます。菩提寺で法要を営んだ後、東京 人形町の料亭 玄治店(げんやだな)濱田家で会食をしました。 濱田家は江戸時代、将軍家の御典医、岡本玄治が幕府から拝領された地に由来する玄治店(げんやだな)の跡地に大正元年創業した料亭です。 玄治店(げんやだな)を有名にしたの…
コメント:0

続きを読むread more