四十九日 at 愛宕 醍醐

老父がこの5月に亡くなりました。要介護2で、寒さに弱く、晩年は毎冬沖縄で避寒をする生活でしたが、重篤な病気もせず、お医者様に「よい亡くなり方でした。」と言われたように、天寿を全うした人生だったと思います。 醍醐 白扇の間から見たお庭 葬儀も近親者のみで行いましたが、四十九日も家族のみで行い、個室がとれ、遺影、位牌を供えら…
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その3

例年、初春を迎える沖縄での“新春祝い膳”シリーズも今年で3回目となりました。今年はナハテラス・真南風(まなせ)で1月1日~15日の間にいただける“お雑煮祝い膳”を紹介いたします。御膳は1膳目のおせちと本膳、デザートの3つの構成です。 おせち (かまぼこ、錦玉子、海老、数の子、黒豆、田作り、手毬麩、なます、松前漬) 本膳 …
コメント:0

続きを読むread more

アテモヤ

アテモヤは、南米ペルー、エクアドルを原産とするチェリモヤと、西インド諸島を原産とする釈迦頭=バンレイシとを、約100年前に北米・フロリダ州で交配して作られたバンレイシ科に属する果物です。 釈迦頭は、以前、私のアルバム“台湾旅行”で紹介し、私も初めて口にしましたが、その美味しさは忘れられません。又機会があったら、ぜひもう一度…
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 三友居 高輪

三友居は京都・東山銀閣寺畔にある茶懐石の店だそうですが、私が以前京都でランチの食べ歩きをしていた頃には訪れた事はなく、もっぱら夕食を買って帰る際、東京・銀座松屋にあるテイクアウトのお店を利用していました。 たまたま東京では港区・高輪にも会席のコースをいただける店があると聞き、訪れました。 前菜 柿ふろふき ふろふき…
コメント:0

続きを読むread more

湯治 at 新玉川温泉

初夏、老父が帯状疱疹にかかり入院しました。退院後、体調の回復が思わしくなく、「どこか静かな温泉に湯治にいきたい…」との本人の希望と、前々からの計画が重なり、秋田県仙北市にある新玉川温泉に湯治に出かけました。 大浴場は湯あみ客がいるので、写真撮影できません。写真は源泉100%の貸切風呂です。 新玉川温泉より徒歩15分、…
コメント:1

続きを読むread more

沖縄の城(グスク)を訪ねて

最近撮った写真が、過去に撮った写真と同じテーマでつながる‥という事が今までも時々ありましたが、今回のブログもそんな時の流れがつながった話です。 中城(ナカグスク)城跡 この城は、14世紀後半までに初代中城(ナカグスク)按司(アジ、注1)から数世代にわたり築き上げられました。1440年に(後程紹介する)座喜味城から移ってき…
コメント:0

続きを読むread more

俳句の詠まれた景色

長野県上高井郡小布施町にある岩松院は、葛飾北斎の作といわれる天井絵“八方にらみの鳳凰図”(撮影禁止)が有名ですが、寺の裏庭にひっそりとたたずむ池は、小林一茶の俳句“痩せ蛙、負けるな一茶これにあり”が詠まれた場所でもあります。 桜の季節になると、この池に大人の手の平大のヒキガエル現れ、雄蛙同士で雌蛙の奪い合いが繰り広げられる…
コメント:0

続きを読むread more

蘭展

“世界らん展”の招待券をいただき、今年初めて観賞にいきました。品種も多く、会場ところ狭しと蘭が飾られ、とてもすべては紹介しきれません。そこで、主催者側が見どころ‥と紹介している蘭のみをとりあげてみました。 日本大賞 さすが大賞だけあって堂々とした威厳のある風貌は王座にふさわしい蘭でした。 ロスチャイルド家の蘭 ・ …
コメント:0

続きを読むread more

日本最南端の駅 赤嶺駅

那覇市内を移動中、ゆいレール赤嶺駅に降り立ったところ、改札口付近にこんな看板を目にしました。 “へぇ~ここが日本最南端の駅なんだ。”と驚くと同時に、昔、南九州を旅した時の事を思い出しました。薩摩半島を指宿方面へ向かう列車の中、乗客の鹿児島弁が何を話しているか?全然わからず、(枕崎までは行きませんでしたが)海と緑の木々の間を延々…
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その2

お正月を沖縄で過ごすようになって3年目。昨年からはホテルでおせち料理をいただくようになりました。 先付(紅白なます) この器がユニーク! 祝い皿(黒豆、伊達巻、紅白かまぼこ、松風焼、田作り、海老、小大根、小人参) いわゆる、おせち料理です。 御雑煮(味噌汁仕立て) 私は関東の出身なので、味噌汁…
コメント:0

続きを読むread more

八重山料理 潭亭

八重山諸島(石垣島以西~与那国島)の料理が沖縄本島、那覇市で食べられる‥と聞き、出かけて行きました。 前菜  後列左から、枇杷酒、ゴーヤゼリー、前列左から長芋のあえ物、豆腐ヨウ、あともう1つは何でしたっけ? 豆腐ヨウは前々から知ってはいましたが、色が生々しく、自分で購入してまで食べたいとは思わなかったのですが、この機会に初め…
コメント:0

続きを読むread more

ディナー at シェ草間 軽井沢

今年は以前のプロムナードで紹介した場所やイベントを再訪する事が多く、再紹介するまでもなく、長期間プロムナードもお休み状態でした。 そうした中、このたび訪れたフレンチ・レストラン“シェ草間”は久々に感動する美食のレストランでしたので、プロムナードで公開いたしましょう。 ワイン 志賀高原南山麓、」小布施ワイナリ…
コメント:0

続きを読むread more

琉球伝統工芸体験

沖縄旅行も回を重ね、単に観光地を巡るだけではなく、体験工房で琉球文化を学んでみたい‥と思い、那覇市伝統工芸館を訪れました。 琉球びんがた 作品のアイテムはコースター、小バッグ、大バッグ等です。それぞれに料金が異なります。私の作った小バッグは¥2,000でした。 染めの色は7種類の色から自分で好みの色をアレンジし…
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その1

家で正月を迎える時は、黒豆、田作り等のおせち料理を買っても、副菜は手作りしていましたが、今年は元日から営業しているホテルのレストランを予約し、出かけました。 祝い皿(紅白なます、数の子、小川サーモン、穴子八幡巻、奉書巻、伊達巻、松風真丈) おせち料理にお屠蘇がついて出てきました。新しい年の門出にふさわしい盛り付けで、思わ…
コメント:0

続きを読むread more

中国庭園 in 沖縄

那覇市にある中国庭園“福州園”は中国福州市との友好都市締結10周年等の記念事業として1992年に完成した本格的中国庭園です。日本国内には横浜、長崎‥と中華街がありますが、そこにはこれだけの大規模に造園された中国庭園はありません。 “福州園”は東部空間に春景色、中部空間に夏景色、西部空間に秋・冬景色をイメージして造園された瓢箪型の庭…
コメント:0

続きを読むread more

クラシック消防車

先日、東京都港区の高輪消防署前を通りかかったところ、そこには何とクラシック消防車の展示が!思わず携帯電話のカメラのシャッターを押しました。 説明に‥“この消防車は本格的な国産消防車第1号と言われています。昭和16年(1941年)に製作後、高輪消防署に配置され、昭和20年5月から昭和39年10月までの19年間、地域の安全を守…
コメント:0

続きを読むread more

魅惑のバリ・ダンス

プロムナード・ブログの右サイド・バーにあるアルバム“インドネシア旅行 バリ島”では、バリ・ダンスの写真を公開しましたが、旅行アルバムのため、舞踊全体がわかる写真のみの公開でした。今回のブログではダンサーの表情をアップした写真をお見せいたしましょう。 トペン(仮面) スティアキ王子。パンダワ国5王子の味方。クリシュナ王の従…
コメント:1

続きを読むread more

松茸三昧(ざんまい)

長野県は日本で一番の松茸の生産地ですが、中でも上田市郊外の別所温泉は有名です。以前から“食べに行きたい…”と思っていましたが、今年(2013年秋)は松茸の大豊作、価格も例年の3割安というので、思い切って食べに出かけました。 松茸鍋 鍋一杯の松茸!それも国産です。やはり国産は香りと歯ごたえが違います。中国産は歯ごた…
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at マキシム・ドゥ・パリ 銀座

最後にマキシム・ドゥ・パリ銀座で食事をしてから長い年月が経ちました。当時はフィルム・カメラの時代だったし、もちろん私のプロムナード・ブログも開設していなかったので、後にこうしてそのブログ記事を書くようになるなんで想像もできませんでした。その当時のマキシム・ドゥ・パリの食事の味も忘却の彼方にあった今日この頃、時々利用している某クラブの紹介…
コメント:0

続きを読むread more

ベランダ・ストーリー

第1章 ある夏の暑い日、表を飛んでいる大きめの蜂に目が留まりました。スズメバチかな?それにしても目が大きいオレンジ色をしていないし‥と目で追っていると、蜂はベランダの端に向かいました。なんと!そこにはメロン大のスズメバチの巣が! おまけに天井付近にはもう1つキゥィー大の巣もあるではありませんか! スズメバチの巣…
コメント:0

続きを読むread more