琉球伝統工芸体験

沖縄旅行も回を重ね、単に観光地を巡るだけではなく、体験工房で琉球文化を学んでみたい‥と思い、那覇市伝統工芸館を訪れました。 琉球びんがた 作品のアイテムはコースター、小バッグ、大バッグ等です。それぞれに料金が異なります。私の作った小バッグは¥2,000でした。 染めの色は7種類の色から自分で好みの色をアレンジし…
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その1

家で正月を迎える時は、黒豆、田作り等のおせち料理を買っても、副菜は手作りしていましたが、今年は元日から営業しているホテルのレストランを予約し、出かけました。 祝い皿(紅白なます、数の子、小川サーモン、穴子八幡巻、奉書巻、伊達巻、松風真丈) おせち料理にお屠蘇がついて出てきました。新しい年の門出にふさわしい盛り付けで、思わ…
コメント:0

続きを読むread more

中国庭園 in 沖縄

那覇市にある中国庭園“福州園”は中国福州市との友好都市締結10周年等の記念事業として1992年に完成した本格的中国庭園です。日本国内には横浜、長崎‥と中華街がありますが、そこにはこれだけの大規模に造園された中国庭園はありません。 “福州園”は東部空間に春景色、中部空間に夏景色、西部空間に秋・冬景色をイメージして造園された瓢箪型の庭…
コメント:0

続きを読むread more

クラシック消防車

先日、東京都港区の高輪消防署前を通りかかったところ、そこには何とクラシック消防車の展示が!思わず携帯電話のカメラのシャッターを押しました。 説明に‥“この消防車は本格的な国産消防車第1号と言われています。昭和16年(1941年)に製作後、高輪消防署に配置され、昭和20年5月から昭和39年10月までの19年間、地域の安全を守…
コメント:0

続きを読むread more

魅惑のバリ・ダンス

プロムナード・ブログの右サイド・バーにあるアルバム“インドネシア旅行 バリ島”では、バリ・ダンスの写真を公開しましたが、旅行アルバムのため、舞踊全体がわかる写真のみの公開でした。今回のブログではダンサーの表情をアップした写真をお見せいたしましょう。 トペン(仮面) スティアキ王子。パンダワ国5王子の味方。クリシュナ王の従…
コメント:1

続きを読むread more

松茸三昧(ざんまい)

長野県は日本で一番の松茸の生産地ですが、中でも上田市郊外の別所温泉は有名です。以前から“食べに行きたい…”と思っていましたが、今年(2013年秋)は松茸の大豊作、価格も例年の3割安というので、思い切って食べに出かけました。 松茸鍋 鍋一杯の松茸!それも国産です。やはり国産は香りと歯ごたえが違います。中国産は歯ごた…
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at マキシム・ドゥ・パリ 銀座

最後にマキシム・ドゥ・パリ銀座で食事をしてから長い年月が経ちました。当時はフィルム・カメラの時代だったし、もちろん私のプロムナード・ブログも開設していなかったので、後にこうしてそのブログ記事を書くようになるなんで想像もできませんでした。その当時のマキシム・ドゥ・パリの食事の味も忘却の彼方にあった今日この頃、時々利用している某クラブの紹介…
コメント:0

続きを読むread more

ベランダ・ストーリー

第1章 ある夏の暑い日、表を飛んでいる大きめの蜂に目が留まりました。スズメバチかな?それにしても目が大きいオレンジ色をしていないし‥と目で追っていると、蜂はベランダの端に向かいました。なんと!そこにはメロン大のスズメバチの巣が! おまけに天井付近にはもう1つキゥィー大の巣もあるではありませんか! スズメバチの巣…
コメント:0

続きを読むread more

パパイヤのジュース

インドネシア、バリ島旅行でパパイヤのジュースを初めて飲みました。パパイヤと言っても、日本で売られている黄色のパパイヤと違って、シュース右側のフルーツ皿に並べられている果物・左奥にあるオレンジ色のパパイヤなので、ジュースの色も果肉同様オレンジ色になります。 さて、お味は?というと、パパイヤ自体にコクがないので、ちょっとがっかり!とい…
コメント:0

続きを読むread more

アークヒルズの花見

今年は桜前線の北上に伴って移動したおかげで、地域の異なる2ヶ所の花見を楽しみましたが、今年2度目の花見は東京・虎の門・アークヒルズ界隈を訪れました。この界隈では近年高層ビルの建設ラッシュが相次いでいた事は知っていましたが、久々に訪れてみると、あちらこちらでビルは完成。そしてその高層ビルが一体何ビルなのか?」すっかりわからなくなってしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古宇利島

沖縄県・本部半島にある古宇利島は、対岸の屋我地島との間に数年前古宇利大橋が完成し、それまで船でしか行き来ができなかったのが、一気に観光客が押し寄せるようになりました。 カティも本部半島には以前も訪れた事がありましたが、観光地として“古宇利島”という名を聞いた事はありません。まず最初に、本部半島と対岸の屋我地島がワルミ大橋で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宝冠木(おおほうかんぼく)

このマメ科の美しい花は、熱帯アメリカ・西インド諸島に分布しており、約30種の仲間があるそうです。豪華な花を咲かせる30種の仲間の中でも、大宝冠木(おおほうかんぼく)は最も大きな花を咲かせ、花の美しさから「大きな宝冠を咲かせる木」→大宝冠木(おおほうかんぼく)‥という名が付けられたそうです。 英名では外観がバラに似ている事か…
コメント:0

続きを読むread more

花見 in 2013

日本で一番早い桜の開花は沖縄県本部半島、八重岳で、1月下旬に開花します。沖縄では桜はソメイヨシノではなく、寒緋桜という種類の桜が咲きます。 八重岳の開花に遅れること約2週間‥2月中旬に開催される那覇市与儀公園の桜まつりを訪れました。注目すべきは、桜の花と、椰子の木とを一緒に写真に収められる事でしょう。カティも初めて目にした…
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のパワースポット 斎場御嶽

伊勢神宮、出雲大社‥日本には古来より神にまつわる聖地がいくつか存在します。ここ斎場御嶽も琉球王国時代、最高の聖地でした。 御嶽とは南西諸島に広く分布している聖地の総称で、本土の四国霊場巡りのような東御廻り(あがりうまーい)という聖地巡拝があり、斎場御嶽もその巡拝地の1つでした。 御門口(うじょうぐち) 御嶽内へ入る参道…
コメント:0

続きを読むread more

琉球舞踊 その2

前々回の沖縄旅行では、首里城、系図座・用物座で不定期に演じられる琉球舞踊を観賞しましたが、今回は首里城 新春の宴を見学の際、同じ系図座・用物座で演じられた琉球芸能の宴を観賞しました。 かぎやで風(かぎやでふう) 祝賀の時の座開きとして踊られる祝いの舞で、数ある古典舞踊演目の中でも、最も敬愛され親しまれている古典舞踊だそうです。 …
コメント:0

続きを読むread more

首里城 新春の宴

年に一度、1月1日~3日の間、沖縄県、那覇市の首里城では琉球王国時代の朝賀の儀式、朝拝御規式(ちょうはいおきしき)が再現されています。今年のお正月はその見学に首里城を訪れました。 儀式は10:00に始まり、12:00に終了します。これより前、8:30に御開門(うけーじょー)、御座樂(うざがく)の演奏がありますが、カティは10:…
コメント:2

続きを読むread more

ランチ at オテル・ドゥ・ミクニ 四ッ谷

数年前、バースデー・ディナーを軽井沢・追分にあるドメイヌ・ドゥ・ミクニでいただいたのですが、このたび、本店にあたる東京・四ッ谷にあるオテル・ドゥ・ミクニでランチをいただく機会に恵まれました。 メニューは毎日変わるそうなので、前もって予約する日のメニューを問い合わせるとよいでしょう。 アミューズ・ガル  キッシ…
コメント:0

続きを読むread more

モズのはやにえ

「ベランダのブーゲンビリアの枝にトカゲがささっている!モズでしょうか?」というメールを知人から受け取りました。 東京の‥それも山手線目黒駅周辺に「モズなんて!」と思い、「カラスでしょ。」と返信しました。ところが、「枝に葉が繁っていて、とてもカラスがこんなに器用な細工はできない。」との事。その後一人の友人のメールから、これは…
コメント:0

続きを読むread more

脱走ペンギン “さざなみ君”

昨年1月生まれたばかりのフンボルト・ペンギンの幼鳥“さざなみ君”が、今年3月葛西臨海水族園を脱走、5月末に捕獲されるまでの約3ヶ月間、東京湾で自由な生活をおくっていた‥というニュースは、今年(2012年)記憶に残る出来事だったと思います。 ‥というわけで、カティも葛西臨海水族園を開業(23周年だそうです)以来2度目の再訪をしま…
コメント:0

続きを読むread more

ねむの木の庭

“ねむの木の庭”は皇后美智子様の実家・旧正田家跡地に平成15年に開設された品川区の小さな公園です。この公園の園名は、美智子様が高校生時代にお創りになった“ねむの木の子守歌”や、皇室に入られた後お詠いになったお歌の中にも使われたゆかりの樹木“ねむの木”にちなんで命名されたそうです。 カティは東京都品川区に生まれ、20代まで品川区…
コメント:0

続きを読むread more