森の贈り物

まだまだ残暑厳しい日本列島、都会ではスーパーの食品売り場に並ぶ野菜・果物で秋の訪れを感じるしかないのですが、森の中では着々と季節の移り変わりが進んでいます。 栗 →訂正 橡、栃(とち)の実、別称 馬栗 栗にも大きい栗、小さい栗‥とありますが、これは天津甘栗よりも一回り大きい栗です。以前はこの大きさの栗には出会わず、ありふ…
コメント:1

続きを読むread more

ランチ at  SANT PAU 日本橋

前々から是非食べに行きたい‥と思っていたSANT PAU…このたび念願かなってランチに出かけました。SANT PAUはスペイン・バルセロナ郊外サンポル・デ・マル村に本店のある女性オーナー・シェフ、カルメ・ルスカイェーダの日本店です。本店は2006年にミシュラン3つ星となったそうです。 ランチのコース・メニューは¥5,500(平日の…
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その3

眼下に広がる皇居、遠くには新宿の高層ビル‥と東京の一等地の絶景が眺められるこのレストランは東京駅丸ビル35Fにある“Sens &Saveurs”(日本語で“感覚と風味”の意味)です。 南仏モンペリエにあるレストラン“Le Jardin des Sens”(日本語で“感覚(私は感性と訳したい)の庭”の意味)の双子の二つ星シェフ、…
コメント:0

続きを読むread more

思い出の“ゆり園”

この“ゆり園”はもう営業をしていません。 私がプロムナード(仏語で“散歩”の意味)ブログを開設し始めた頃、1つのブログ記事として、この“ゆり園”をとりあげました。 開設時は古くなったブログ記事やあまり閲覧してもらえなかったブログ記事を削除していました。やがてある時、月日が経ってからよく見てもらえる記事、長い間にポ…
コメント:0

続きを読むread more

フェルメールの絵

7月初旬に東京・上野の東京都美術館にマウリッツハイス美術館展を見に行きました。お目当ては、あの“真珠の耳飾りの少女”です。 実物は撮影禁止。これは会場出口のポスターです。ちょうど左手から太陽光が差し込み、フェルメールの作品にぴったりの照明ですね? オランダ・ハーグにある美術館所蔵の絵画という事ですが、私の人生において、お…
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at KIHACHI 銀座

今回のKIHACHIも家庭画報7月号の特集記事に誘われて出かけました。以前公開したブログ“バースディ・ディナー at トエダ” でディナーをいただいたきっかけが家庭画報5月号で、大当たりだったからです。 メニューはあるクラブの為の特別メニューなので、実際に食事に行ってメニューとしてとりあげられているいるかどうか?はわかりません。 …
コメント:0

続きを読むread more

琉球庭園

数年ぶりに沖縄を訪れました。首里城再訪の際、首里城近くの庭のある琉球茶房“あしびうなぁ”で昼食をとり、お庭の写真を撮りましたので、前回の沖縄旅行で訪れた識名園と合わせ、大庭園とお店のお庭を紹介したいと思います。 識名園 識名園は1799年、琉球王宮の別邸として築庭されました。首里城と同じく、第2次世界大戦で破壊されたましたが…
コメント:0

続きを読むread more

北国街道 海野宿

北国街道 海野宿を知ったのは、趣味のサークル仲間が撮った写真でした。まるで時代劇にでも出てきそうな光景は、寛永二年(1625年)北国街道の宿駅開設以来の面影を今に留めているからなのでしょう。 行き方は自動車ですと、国道18号線、海野宿交差点を入るとすぐですが、公共交通機関ですと、しなの鉄道田中駅と大屋駅の中間くらいにあたります。 …
コメント:0

続きを読むread more

バースデー・ディナー at トエダ

家庭画報 5月号でこのレストランを知りました。リゾートでいただくランチの特集で、とりあげられていたのです。2011年4月のオープンだそうですが、最近まで気がつきませんでした。シェフ戸枝氏は、追分のドメイヌ・ドゥ・ミクニにいたのですが、オーナーズ・レストランを持ったという事です。 カティの以前のブログ“バースデー・ディナー at ド…
コメント:0

続きを読むread more

2つの東洋美術展覧会を見て‥

今年に入って“北京故宮博物院200選”と“ボストン美術館 日本美術の至宝”の2つの展覧会を東京、国立博物館 平成館に見に行きました。 カティは元々西洋美術の方が好きで、欧米の美術館、博物館を訪れて絵画、彫刻を鑑賞する方でした。それが日本で開催された東洋美術の展覧会を見に行こう‥と思いたったのには2つの訳があります。 1つは昨…
コメント:0

続きを読むread more

目黒川の花見

東京・目黒川に花見に出かけた知人が、携帯メールで河岸の桜を撮影した写真を送ってきました。知人は自分のブログを持っていないので、カティが知人に代わり目黒川河岸の花見の様子をお伝えします。 天気にも恵まれ、桜も満開だというのに、潮は大潮で、川の水はすごく引いていたそうです。目黒川は潮の満ち引きで河口からかなり離れたJR目黒駅付…
コメント:0

続きを読むread more

バレンタイン・フラワー

この花の名前を私は知りません。 手前の方はつぼみが開いて、リボンのようになっているところから、雄しべ、雌しべがまるでリボンをほどいて出てきたプレゼントのようです。 そして後方、よく見てください。まだ閉じているつぼみが、まさにハートの形ではありませんか? この花こそ、バレンタイン・デーにもっともふさわしい花ですね…
コメント:0

続きを読むread more

蒲葵(ビロウ)と檳榔(ビンロウ)

日曜朝7:45にNHK総合TVで放送されている“さわやか自然百景”。この番組で宮崎県、青島の放送時、青島に生える木の大部分は蒲葵(ビロウ)‥との紹介がありました。番組後半、蒲葵(ビロウ)の実が映って、私は「あっ!」と思いました。 日本で蒲葵(ビロウ)と呼ばれているこの木は、私がベトナム、台湾旅行時にガイドから話を聞いた檳榔(ビンロ…
コメント:0

続きを読むread more

♪♪この実、なんの実、気になる実♪♪

この写真は東京・台場で10年ほど前に撮影した木の実です。キョウチクトウも咲いていたので、季節は夏だったと記憶しています。 とてもおいしそう(?)で、食べられるような、食べられないような‥台場には野鳥も見かけますが、実の数が減っていないところをみると、やはり食べられないのだろう(?)と思い、かじりつくのをやめました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 福臨門 銀座

年の初めに親戚に不幸があり、香典をお渡ししました。四十九日を過ぎて、香典返しとしてカタログが送られてきました。今までカタログの中から好みの品物を選んで注文する‥というのは何回か経験してきましたが、今回のカタログには“レストランを選んで2名で食事ができるグルメ招待カード”があり、我が家では東京 銀座 福臨門でのランチを選びました。 …
コメント:0

続きを読むread more

沖縄懐石料理

長い間活動し、何年か前に解散したサークルメンバーとは、解散後も時々会って会食をするのですが、今夏2年ぶりの再会に際し、某メンバーの提案で東京・赤坂の“潭亭”(たんてい)で沖縄料理をいただく事になりました。 場所は東京ミッドタウンと赤坂サカスの中間くらいで、もよりの駅は地下鉄千代田線の乃木坂、同赤坂、そして地下鉄大江戸線の六本木駅か…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷草(くまがいそう)

この花の写真を撮ったのは、2年前(2009年)の5月の事でした。まるで蘭のようですが、(実際にラン科)蘭は熱帯~亜熱帯の植物なのに、春の日本の高原に咲いているのが不思議でした。 最近になって、この花の名が“熊谷草(くまがいそう)”という事を知りました。北海道から九州の山地の樹林に生える多年草、高さ30~40cmといいますか…
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その2

ANAマイレージの失効日が近づき、12,000マイルを¥15,000分に交換できるANA利用券(クーポン)に交換、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル36F“ピエール・ガニェール”にランチを食べに出かけました。ここ“ピエール・ガニェール”はミシュラン・ガイド東京・横浜・鎌倉2011にて2つ星を獲得したレストランです。 大…
コメント:0

続きを読むread more

山羊のヨーグルト&チーズ

“山羊のヨーグルト&チーズ”とタイトル名を変えて、9ヶ月ぶりに“山羊のヨーグルト”のブログを更新しました。このブログを初めて見る方は下段の“ヨーグルト”から御覧ください。 チーズ “山羊のヨーグルト”を手作りしているK様。最近チーズを作る機械を入れた‥と耳にしました。来春には“山羊のチーズ”ができるのかな?と思っていた矢先、…
コメント:0

続きを読むread more

ワイン・レストラン

前回のブログ“ワイナリー訪問”の後、今晩の宿泊地、町営“ぶどうの丘”へと向かいました。このホテルの3大セールス・ポイントの1つが、3階にあるワイン・レストランです。夕闇がせまる頃、甲府盆地に照明が灯り、“百万ドルの夜景”を眺めながらのディナー・タイムの始まりです。 ワイン・リストには選ぶのに迷うほどのワインが載っています。…
コメント:0

続きを読むread more