カティの“オープンガーデン”巡り 夏篇

春にオープンガーデン巡りを再開した矢先、世の中は新型インフルエンザで大騒ぎ!カティも外出を控え、家の中で過ごす日が多く、すっかりその1の後が続きませんでした。季節も移り変わり夏となりました。春篇は来年以降に続くとして‥ その1 今回その1で訪れたオープンガーデンはカティの家から離れた所にあります。こちらS-35はコマーシャル…
コメント:0

続きを読むread more

バーベキュー・パーティー

夏も終わりに近づいた頃、サークル仲間の家の庭でバーベキュー・パーティーを開くというので出かけました。 会員制でかかった費用のみ徴収し、余剰金がでたらサークルの会計に算入します。 バーベキューだけでなく枝豆や漬物等のおつまみも揃えてありました。 材料は肉は鶏肉、牛肉、ソーセージ、魚介類は海老、帆立、それと…
コメント:0

続きを読むread more

小雀物語

約1週間程前でしょうか?我が家のベランダに1羽の小雀がやってきました。 何?雀なんてちっともめずらしくないって? 緑に囲まれた我が家ですが、今までシジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリの来訪はありました。姿はあまり見かけませんが、ウグイス、イカル、ホトトギスの声も聞きます。でも雀、鳩、カラスの姿を見るのはまれでした。 1羽…
コメント:0

続きを読むread more

睡蓮

この睡蓮の咲く池は、我が家からさほど遠くない所にあります。 カティは現在住む町に引っ越して5年目になりますが、この睡蓮の咲く池を知りませんでした。 趣味のサーックル仲間の連絡、写真の掲載に使っている掲示板に、ある時1人のメンバーがフラワー・ガーデンを訪れた時撮った睡蓮の咲く池の写真を投稿しました。すると別のメ…
コメント:1

続きを読むread more

日本の“ターシャ・テューダー”

カティの町のH邸、K夫人は、日本の“ターシャ・テューダー”です。 ガーデニングが大好きで、四季折々に花のレイアウトを変えて楽しめるよう、庭の手入れをかかしません。玄関では犬の置物が訪問者を迎えてくれます。 ターシャの庭では、愛犬のコギーが迎えてくれますが、K夫人は「犬の一生を通して、めんどうをみてあげられるか…
コメント:0

続きを読むread more

ばら祭り

長野県埴科郡坂城町は日本有数のバラの切花の産地です。毎年5月下旬~6月上旬に“ばら祭り”が行なわれます。 会場は千曲川河川敷の千曲川バラ公園。会場への交通機関は車ですと、上信越自動車道坂城インターより5分。鉄道ですと、しなの鉄道、テクノさかき駅下車5分です。期間中は250種、2,000株のバラが見られます。 …
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド巣箱

2007年5月公開のブログ“♪♪ある日森の中...”(トップページから次へをクリック、未削除)のE氏邸。この家の御主人んの趣味は日曜大工です。昨年末、3つの鳥の巣箱を作成し、そのうちの1つを我が家がもらい受けました。 今年3月巣箱を木に取り付けたところ、ペアのシジュウカラがチェックに訪れました。多分4月末頃だと思います。シジュウカ…
コメント:0

続きを読むread more

山芍薬

デジカメ愛好家仲間と撮影に出かけた時、この花の写真を撮りました。「美しい花だなぁ~」と見惚れていると、(デジカメの)先生が花の名前を教えてくださいました。咲いている期間は2日ほどだそうです。 以下、植物図鑑で調べたこの花のデータを記載します。ボタン科、学名をPaeonia japonica といいます。私は花のブログに学名…
コメント:0

続きを読むread more

バースデー・ディナー at ドメイヌ・ドゥ・ミクニ

このゴールデンウィークの某日、カティの誕生日、家族にドメイヌ・ドゥ・ミクニでのディナーをプレゼントされました。 ドメイヌ・ドゥ・ミクニは東京、四谷 オテル・ドゥ・ミクニのオーナー・シェフ 三國清三氏がプロデュースする長野県、軽井沢のフランス料理のレストランです。 建物は日本を代表するモダニズム建築「旧飯箸邸」(昭和16年建築…
コメント:0

続きを読むread more

カティの“オープンガーデン”巡り 春篇

このブログは昨秋公開したカティの“オープンガーデン”巡り 秋篇の続篇です。半年ぶりに冬をはさんでオープンガーデン巡りを再開しました。 ブログの更新は不定期で、シリーズはその1、その2…と一つのストーリーの後に付け加えられます。更新をスタート画面にするスタイルとは違いますので、お間違えないように… その1 こちらW-42…
コメント:0

続きを読むread more

花のまつり

春うらら…花の開花につれて、各地で花のまつりが催されています。先日、丁度今開催されている2ヶ所を訪れたので、その模様をお伝えしましょう。 その1  上田城千本桜まつり 花のまつりの筆頭は何と言っても“お花見”です。上田城跡公園は、長野新幹線上田駅から徒歩15~20分、上信越自動車道上田・菅平ICからのアクセスです。1…
コメント:0

続きを読むread more

座禅草

別名ダルマソウ。湿地帯に咲く春の花で、花全体の形や色が“達磨大師”が座禅を組む姿に似ているのでこの名が付けられたという。 サトイモ科の大形多年草。深山の湿地に自生する雌雄異株。この写真は蕾と咲きかけの花。 別の場所の花です。 花からは虫を寄せ付ける物質が出て、悪臭がするそうです。私が撮影した段階…
コメント:0

続きを読むread more

蝋梅(ろうばい)

漢字では“蝋梅”と書く、ろうばい科の落葉低木です。なぜこのような名前がついたのかというと、「まるで蝋細工のような光沢をし、卵型の果実を結ぶ」からだといわれます。漢字では「梅」という字が含まれていますが、「梅」とは種類の異なるものだそうです。中国が原産地で、花の色は黄色しかありません。 サークル仲間とのドライブで連れて行っていただい…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ディナー2008

フランス料理、最高峰のコンクール“ボギューズ・ドール”2005年日本大会にて史上最年少優勝をした浜田統之氏がシェフ・キュジニエをつとめるレストラン“ノーワンズレシピ”のクリスマス・ディナーを3週間前から予約し、出かけました。 10月のフランス旅行ではカルカソンヌのミシュラン☆付きレストラン“バルバカンヌ”でディナーをいただきましたが、…
コメント:0

続きを読むread more

カティの“オープンガーデン”巡り   秋篇

私の町ではオープンガーデン(個人の庭などを一般に公開するもの。ガーデニングの本場イギリスが発祥の地)に参加している庭が40ヶ所ほどあります。町のオープンガーデンについては、うすうす知っていましたが、個人の庭をわざわざ時間をさいて見学して廻る事もないと、行動をおこす事もなく、過ごしていました。 先日、普段は車で通り過ぎる道を、所用の…
コメント:0

続きを読むread more

ワイン&チーズセミナー

シニア・ソムリエ、Mark荒川氏による、“ワインとチーズのアンチエイジング効果”のセミナーに参加しました。 Mark荒川氏のプロフィール 東京 銀座にて9年、フランスにて2年修業。2001年シニア・ソムリエとなる。ワイン輸入業を営むかたわら、2003年より、「東京ワインクラブ」主事。六本木、天王洲にてソムリエ育成教室、ワイン…
コメント:0

続きを読むread more

夕焼けに虹

私が今までに虹を見たのは、雨上がりの晴天の空ばかりです。海外で..行楽地で..虹を見れるなんて、1年に1回あるか、ないかではないでしょうか? カミナリも鳴る大雨の後、夕焼けで空が真っ赤になりました。空を眺めようと、表に出てみると、虹が出ている事に気がつきました。大急ぎでカメラを取りに戻り、写したのがこの写真です。何回か“夕焼けに虹”を…
コメント:0

続きを読むread more

ラベンダー・ファーム

私が訪れた最初のラベンダー・ファームは、オーストラリアのタスマニア島(マイ・アルバム中の“タスマニア紀行”を参照)でした。その時の素晴らしい風景がなつかしく、されど北海道の富良野までなかなかラベンダーを見には行けないし..と思っていた矢先、長野県安曇野、上田、小諸にラベンダー・ファーム(又はガーデン)があると聞きました。 私が訪れ…
コメント:0

続きを読むread more

カティの“イングリッシュ・ローズ図鑑”

昨年のアルバム“ローズ・ガーデン”(削除済み)は、スライド・ショーで私の撮影したバラを御覧いただきました。今年は少々スタイルを変えて、植物図鑑風に、説明をそえたブログで、カティ撮影のイングリッシュ・ローズをご紹介いたしましょう。 フォール・スタッフ 1999年発表の新しいイングリッシュ・ローズ。深い赤のオールド・ローズの香り。1…
コメント:0

続きを読むread more

エディブル・フラワー

昨年、ハーブを使った料理の講習会に参加した際、ナスタチウムという花が食用となる花=エディブル・フラワーと知りました。 こちらは先生の作ったデモンストレーション用のサラダです。 ナスタチウムが咲く季節となり、今年は私もナスタチウムを使ったサラダを作ってみました。普通のサラダの上にナスタチウムをのせるだけで、お花畑のよう…
コメント:1

続きを読むread more