テーマ:風景

アイルランドの4つの断崖

アイルランドの絶景は、断崖に始まり、断崖に終わります。今回のブログは、私がアイルランド旅行中に訪れた4つの断崖を訪問順に紹介します。 ジャイアンツ・コーズウェイ この崖は北アイルランド=イギリス領にあります。伝説では、巨人が造ったと言われています。伝説のうちの1つは、スコットランドに住む巨人を渡らせて迎え撃つために造り、巨人がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧朝倉家住宅

重要文化財、旧朝倉家住宅は大正8年に東京・渋谷区猿楽町に建てられました。朝倉家はこの地の地主で、建築時の当主、虎治郎は朝倉家に養子に入り、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任しています。 しかしながら、戦後の困難期に、この住宅は社団法人中央馬事会へ売却され、その後は旧農林省へ譲渡、経済企画庁の渋谷会議所として近年まで使用さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜山手西洋館めぐり

前々からずぅ~っと行きたかった、そして場所によっては何十年ぶりの再訪の場所、横浜山手をめぐりました。 まず訪れたのはブラフ18番館‥ 大正末期に建てられた外国人住宅で、平成3年までカトリック山手教会の司教館として使用された後、平成5年に現在のイタリア山庭園内に修復復元されました。 館内ではこの住宅が建てられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林試の森

正式名称は“都立 林試の森公園”といいます。公園の近所に用事があり、まだ訪れた事がないので、この機会に行ってみよう!と思いつきました。 北門 入口は何ヶ所もありますが、私は帰り道にあたる北門から入りました。入ってからまっすぐ進むのがお薦め‥と近所の方に教えてもらったので、公園中央の道を進みました。 園内地図 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の城(グスク)を訪ねて

最近撮った写真が、過去に撮った写真と同じテーマでつながる‥という事が今までも時々ありましたが、今回のブログもそんな時の流れがつながった話です。 中城(ナカグスク)城跡 この城は、14世紀後半までに初代中城(ナカグスク)按司(アジ、注1)から数世代にわたり築き上げられました。1440年に(後程紹介する)座喜味城から移ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句の詠まれた景色

長野県上高井郡小布施町にある岩松院は、葛飾北斎の作といわれる天井絵“八方にらみの鳳凰図”(撮影禁止)が有名ですが、寺の裏庭にひっそりとたたずむ池は、小林一茶の俳句“痩せ蛙、負けるな一茶これにあり”が詠まれた場所でもあります。 桜の季節になると、この池に大人の手の平大のヒキガエル現れ、雄蛙同士で雌蛙の奪い合いが繰り広げられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねむの木の庭

“ねむの木の庭”は皇后美智子様の実家・旧正田家跡地に平成15年に開設された品川区の小さな公園です。この公園の園名は、美智子様が高校生時代にお創りになった“ねむの木の子守歌”や、皇室に入られた後お詠いになったお歌の中にも使われたゆかりの樹木“ねむの木”にちなんで命名されたそうです。 カティは東京都品川区に生まれ、20代まで品川区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本家本元 リアス式海岸

スペイン北西部、ガリシア地方の複雑な入り江はリア(Ria)と呼ばれています。日本では、東北地方の三陸海岸がリアス式海岸として有名です。カティは三陸海岸を訪れた事がないのですが、写真で見る限り、本家本元のスペインの海岸とは規模も、海岸線の入り込み方もまるで違うと感じました。 リア(Ria)は単数で、複数でリアス(Rias)となるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮間公園

江戸時代を連想させるような名のこの公園は、東京都板橋区にあります。縁あって、この公園を訪れる機会に恵まれ、心休まるひと時を過ごしました。アクセスはJR埼京線、浮間舟戸駅からすぐです。 注:上の2枚は続き写真です。 公園の案内板によりますと、この辺一帯は荒川が蛇行していて、川の中に浮島のような湿地だったため、江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more