テーマ:おでかけ

隅田川クルーズの花見

前回のブログ“目黒川クルーズの花見”の後、ツアーバスは日の出桟橋に移動し、隅田川クルーズの花見を楽しみました。目黒川は小型の貸切船(釣り船との事)でしたが、隅田川は中型の乗合船です。 佃島 東京湾を隅田川方面に北上すると、右手に佃島の桜が眺められます。前に一度乗船した知人は「クルーズ中でここの桜が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒川クルーズの花見

亡父の介護中は予約を入れるクルーズ船の花見は無理でしたが、今春は初めて船上からのお花見を体験しました。参加したツアー船の発着は大森・平和島でしたので、京浜運河から目黒川に入り、遡上しました。 (天王洲)アイル橋と昭和橋の間にある水門 水門には“しながわ”という文字が絵の中に隠されているそうです。クジラの目が“が”の濁点と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふぐ三昧(ざんまい) その1

下関春帆楼(しゅんぱんろう)は、読んで字のごとく、本店は山口県下関市にあるふぐ料理のお店です。何年も前、航空会社の雑誌で知り、下関に行ってふぐ料理を食べてみたい‥と憧れていました。最近になって、東京店がある事を知り、新年会を兼ねて、冬の味覚“ふぐ”を東京・永田町にある下関春帆楼東京店でいただきました。 きき酒三点セット(右から獺祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その4

例年、沖縄でいただく新春祝い膳ですが、今年の新春祝い膳は東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急“水簾”で、隣接する日枝神社への初詣を兼ねて、新春懐石をいただく事にしました。 前菜  峰岡豆腐、数の子土佐和え、蝦夷鮑 酢味噌、黒豆ゼリー、青菜浸し、小袖寿司、山茶花百合根 峰岡豆腐とは、牛乳を加えた胡麻豆腐のようなもので、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その4

以前紹介した“美食のランチと絶景 その3”は東京駅 丸ビル35Fでしたが、今回のランチも同じ丸ビルの36Fにある“モナリザ”からの眺めです。 写真にするとよくわかりませんが、この日は富士山が眺められました。 新宿方面の眺めです。 池袋方面の眺めです。 アミューズ・ガル  ビーツのムース、胡桃、ヨーグル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その3

例年、初春を迎える沖縄での“新春祝い膳”シリーズも今年で3回目となりました。今年はナハテラス・真南風(まなせ)で1月1日~15日の間にいただける“お雑煮祝い膳”を紹介いたします。御膳は1膳目のおせちと本膳、デザートの3つの構成です。 おせち (かまぼこ、錦玉子、海老、数の子、黒豆、田作り、手毬麩、なます、松前漬) 本膳 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯治 at 新玉川温泉

初夏、老父が帯状疱疹にかかり入院しました。退院後、体調の回復が思わしくなく、「どこか静かな温泉に湯治にいきたい…」との本人の希望と、前々からの計画が重なり、秋田県仙北市にある新玉川温泉に湯治に出かけました。 大浴場は湯あみ客がいるので、写真撮影できません。写真は源泉100%の貸切風呂です。 新玉川温泉より徒歩15分、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沖縄の城(グスク)を訪ねて

最近撮った写真が、過去に撮った写真と同じテーマでつながる‥という事が今までも時々ありましたが、今回のブログもそんな時の流れがつながった話です。 中城(ナカグスク)城跡 この城は、14世紀後半までに初代中城(ナカグスク)按司(アジ、注1)から数世代にわたり築き上げられました。1440年に(後程紹介する)座喜味城から移ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭展

“世界らん展”の招待券をいただき、今年初めて観賞にいきました。品種も多く、会場ところ狭しと蘭が飾られ、とてもすべては紹介しきれません。そこで、主催者側が見どころ‥と紹介している蘭のみをとりあげてみました。 日本大賞 さすが大賞だけあって堂々とした威厳のある風貌は王座にふさわしい蘭でした。 ロスチャイルド家の蘭 ・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最南端の駅 赤嶺駅

那覇市内を移動中、ゆいレール赤嶺駅に降り立ったところ、改札口付近にこんな看板を目にしました。 “へぇ~ここが日本最南端の駅なんだ。”と驚くと同時に、昔、南九州を旅した時の事を思い出しました。薩摩半島を指宿方面へ向かう列車の中、乗客の鹿児島弁が何を話しているか?全然わからず、(枕崎までは行きませんでしたが)海と緑の木々の間を延々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その2

お正月を沖縄で過ごすようになって3年目。昨年からはホテルでおせち料理をいただくようになりました。 先付(紅白なます) この器がユニーク! 祝い皿(黒豆、伊達巻、紅白かまぼこ、松風焼、田作り、海老、小大根、小人参) いわゆる、おせち料理です。 御雑煮(味噌汁仕立て) 私は関東の出身なので、味噌汁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その1

家で正月を迎える時は、黒豆、田作り等のおせち料理を買っても、副菜は手作りしていましたが、今年は元日から営業しているホテルのレストランを予約し、出かけました。 祝い皿(紅白なます、数の子、小川サーモン、穴子八幡巻、奉書巻、伊達巻、松風真丈) おせち料理にお屠蘇がついて出てきました。新しい年の門出にふさわしい盛り付けで、思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松茸三昧(ざんまい)

長野県は日本で一番の松茸の生産地ですが、中でも上田市郊外の別所温泉は有名です。以前から“食べに行きたい…”と思っていましたが、今年(2013年秋)は松茸の大豊作、価格も例年の3割安というので、思い切って食べに出かけました。 松茸鍋 鍋一杯の松茸!それも国産です。やはり国産は香りと歯ごたえが違います。中国産は歯ごた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at マキシム・ドゥ・パリ 銀座

最後にマキシム・ドゥ・パリ銀座で食事をしてから長い年月が経ちました。当時はフィルム・カメラの時代だったし、もちろん私のプロムナード・ブログも開設していなかったので、後にこうしてそのブログ記事を書くようになるなんで想像もできませんでした。その当時のマキシム・ドゥ・パリの食事の味も忘却の彼方にあった今日この頃、時々利用している某クラブの紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アークヒルズの花見

今年は桜前線の北上に伴って移動したおかげで、地域の異なる2ヶ所の花見を楽しみましたが、今年2度目の花見は東京・虎の門・アークヒルズ界隈を訪れました。この界隈では近年高層ビルの建設ラッシュが相次いでいた事は知っていましたが、久々に訪れてみると、あちらこちらでビルは完成。そしてその高層ビルが一体何ビルなのか?」すっかりわからなくなってしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古宇利島

沖縄県・本部半島にある古宇利島は、対岸の屋我地島との間に数年前古宇利大橋が完成し、それまで船でしか行き来ができなかったのが、一気に観光客が押し寄せるようになりました。 カティも本部半島には以前も訪れた事がありましたが、観光地として“古宇利島”という名を聞いた事はありません。まず最初に、本部半島と対岸の屋我地島がワルミ大橋で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見 in 2013

日本で一番早い桜の開花は沖縄県本部半島、八重岳で、1月下旬に開花します。沖縄では桜はソメイヨシノではなく、寒緋桜という種類の桜が咲きます。 八重岳の開花に遅れること約2週間‥2月中旬に開催される那覇市与儀公園の桜まつりを訪れました。注目すべきは、桜の花と、椰子の木とを一緒に写真に収められる事でしょう。カティも初めて目にした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のパワースポット 斎場御嶽

伊勢神宮、出雲大社‥日本には古来より神にまつわる聖地がいくつか存在します。ここ斎場御嶽も琉球王国時代、最高の聖地でした。 御嶽とは南西諸島に広く分布している聖地の総称で、本土の四国霊場巡りのような東御廻り(あがりうまーい)という聖地巡拝があり、斎場御嶽もその巡拝地の1つでした。 御門口(うじょうぐち) 御嶽内へ入る参道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱走ペンギン “さざなみ君”

昨年1月生まれたばかりのフンボルト・ペンギンの幼鳥“さざなみ君”が、今年3月葛西臨海水族園を脱走、5月末に捕獲されるまでの約3ヶ月間、東京湾で自由な生活をおくっていた‥というニュースは、今年(2012年)記憶に残る出来事だったと思います。 ‥というわけで、カティも葛西臨海水族園を開業(23周年だそうです)以来2度目の再訪をしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その3

眼下に広がる皇居、遠くには新宿の高層ビル‥と東京の一等地の絶景が眺められるこのレストランは東京駅丸ビル35Fにある“Sens &Saveurs”(日本語で“感覚と風味”の意味)です。 南仏モンペリエにあるレストラン“Le Jardin des Sens”(日本語で“感覚(私は感性と訳したい)の庭”の意味)の双子の二つ星シェフ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメールの絵

7月初旬に東京・上野の東京都美術館にマウリッツハイス美術館展を見に行きました。お目当ては、あの“真珠の耳飾りの少女”です。 実物は撮影禁止。これは会場出口のポスターです。ちょうど左手から太陽光が差し込み、フェルメールの作品にぴったりの照明ですね? オランダ・ハーグにある美術館所蔵の絵画という事ですが、私の人生において、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国街道 海野宿

北国街道 海野宿を知ったのは、趣味のサークル仲間が撮った写真でした。まるで時代劇にでも出てきそうな光景は、寛永二年(1625年)北国街道の宿駅開設以来の面影を今に留めているからなのでしょう。 行き方は自動車ですと、国道18号線、海野宿交差点を入るとすぐですが、公共交通機関ですと、しなの鉄道田中駅と大屋駅の中間くらいにあたります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その2

ANAマイレージの失効日が近づき、12,000マイルを¥15,000分に交換できるANA利用券(クーポン)に交換、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル36F“ピエール・ガニェール”にランチを食べに出かけました。ここ“ピエール・ガニェール”はミシュラン・ガイド東京・横浜・鎌倉2011にて2つ星を獲得したレストランです。 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイナリー訪問

ヌーボー(新酒)のおいしい季節、山梨県甲州市勝沼のワイナリーを訪ねました。カティの訪れたのは“シャトー勝沼”。こちらは観光バスも乗り入れる観光ワイナリーです。アクセスは公共交通機関ですと、JR中央線勝沼ぶどう駅からタクシーで最低料金程、マイカーですと中央道勝沼インターを出て15分程です。 今日はスパークリング・ワインの瓶詰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余韻のランチ at 国立新美術館

東京、六本木、国立新美術館で開催されている“オルセー美術館展2010「ポスト印象派」”を見に行きました。数年前に訪れたパリ、オルセー美術館が2011年秋まで改装中なので、その間、世界各地を一部の作品が巡回するというイベントです。 パリではフラッシュ撮影でなければ、写真撮影が許可されていますが、東京の展覧会での撮影は禁止され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その1

今まで小田急ハルク地下にあった“カフェ・トロワグロ”が1年半程前、小田急新宿店8Fに移り、メニューもプライスもリニューアルしました。カティはハルク地下時代から、このお店が大好きで買物等、新宿を訪れる折はこちらでランチをとっていました。今日は窓に面した席に案内され、目の前に新宿の高層ビル群を眺めながらランチを楽しみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産暫定リスト 旧官営富岡製糸工場

前回のブログで訪れた群馬サファリパークから車で15分程にある旧富岡製糸工場を同日午後訪れました。交通機関は鉄道ですと、上信電鉄上州富岡駅から徒歩約10分、車ですと、上信越自動車道富岡インターから5分程のところにあります。 タイトルに旧官営~とある通り、富岡製糸工場(これよりこうに呼びます)は既に操業を停止しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サファリパーク

シルバーウィークの混雑も一段落した初秋の某日、生まれて初めてサファリパークを訪れました。私の訪れたのは群馬サファリパーク。交通機関は車ですと、上信越自動車道富岡インターを降りてすぐ、鉄道ですと上信電鉄上州富岡駅からタクシーで15分ですが、園内を廻るサファリバスがあまりひんぱんに出ていないので、マイカーで訪れる事をお薦めします。どうしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園城寺 萩の寺

園城寺は前回のブログ“コスモス祭り”で紹介した国道254号線、通称コスモス街道から脇道に入った所にあります。コスモス祭りを訪れた時に立ち寄りました。 初夏はアジサイ、初秋は萩の咲く花の寺として知られています。 コスモスの観賞には最適の季節でしたが、萩のシーズンには少々遅かったようです。萩の花に何色があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモス祭り

佐久市の国道254号線、通称“コスモス街道”では約9kmにわたって、この季節(9月上旬~10月上旬)コスモスが満開になります。地元の住民が国道沿いにコスモスを植え始め、手入れをし、今日の素晴らしい花街道になったとの事です。数日前、NHKの朝のニュースで取り上げられ、私達もこの機会に訪れてみました。現地へのアクセスは、鉄道ですと、JR小海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more