テーマ:ランチ

ランチ at スリオラ 銀座

新型コロナウイルス感染者増加のため、全国に緊急事態宣言が出ていましたが、それも終了した6月下旬、東京・銀座のバスク料理レストラン、スリオラでランチをいただきました。元々は4月に予定していた会食が延期になったものです。 アミューズ・ガルこれはメニューには載っていません。サーヴされたとき、説明していただき、メモしたのですが、そのメモがどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at アジュール45 六本木

アジュール45は六本木のリッツカールトン・ホテル45階にあるフランス料理のレストランです。このレストランに行ってみたい‥と思った動機は不純です。毎年、元日はホテルのレストランで正月料理をいただき、その後、近くの神社へ初詣に行くのですが、平成31年元日は、このホテルと同じ階のひのき坂で新春祝い膳をいただきました。ひのき坂の窓からは、渋谷、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 菊乃井 赤坂 

菊乃井は京都・東山に本店のある料亭です。昔々、今から?十年ほど前、京都を訪れた時、昼食をいただきました。時代は流れ、東京にも十数年前に支店ができましたが、訪れる機会もないまま時が過ぎました。今回のブログは、東京、赤坂の菊乃井を訪れた時の御献立です。 猪口  青梅白ワイン煮 八寸  蛸の子、小茄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at グンデル ブダペスト

前回に引き続き、海外旅行でのランチ、今回はハンガリーの首都ブダペストです。私は、こんな美味しいフォアグラを食べたことはありません。それもそのはず、玄関のロビーにはイギリスのエリザベス女王夫妻をはじめ、各国のセレブがグンデルを訪れたときの写真が飾られています。 前菜 今回もお店からのお料理の説明はありませんでしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at アピシウス ヘレンド

外国のランチを紹介するのは、初めてです。ヘレンドの器もさることながら、お食事の美味しさに魅せられました。ハンガリー旅行の際はぜひヘレンド工場や博物館見学だけでなく、アピシウスでのランチを旅程に入れてください。 アピシウス 陶器のライオン像左手に工場や博物館見学のチケット売り場があります。ライオン像まっすぐ後方がアピシウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三回忌 at 福田家 紀尾井町

早いもので、亡父の三回忌を迎えました。法要は近親者のみで行い、法要後の食事を北大路魯山人ゆかりの、東京・紀尾井町 福田家でいただきました。 前菜  祥瑞坪々 山葵の葉  煽り烏賊と筍 アボガド 木の芽和え おかべの蝦蛄の胡瓜巻 白身魚雲丹香煎焼 唐墨大根 ホワイトアスパラ 唐墨は自家製との事。日本料理は最初の一皿で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ランチ at ベージュ アラン・デュカス 銀座

早いもので、クリスマスを東京で過ごすようになって1年が経ちました。亡父の死去以来、親族と共に過ごすクリスマスになり、クリスマスが近づくと、今年のレストランはどこにしょう?と始動します。‥という訳で、今年のクリスマスはシャネル銀座ビル10Fのベージュ アラン・デュカスで迎えました。 さすがに最上階だけあって、素晴らしい眺めです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一周忌 at 玄治店(げんやだな) 濱田家 人形町

早いもので、亡父の葬儀から1年がたち、一周忌を迎えます。菩提寺で法要を営んだ後、東京 人形町の料亭 玄治店(げんやだな)濱田家で会食をしました。 濱田家は江戸時代、将軍家の御典医、岡本玄治が幕府から拝領された地に由来する玄治店(げんやだな)の跡地に大正元年創業した料亭です。 玄治店(げんやだな)を有名にしたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ランチ at ジョエル・ロブション 恵比寿

2008年のクリスマス・ディナー以来、老父の介護が始まり、ここ何年もクリスマスは沖縄の滞在先も含め、ホーム・パーティーでしたが、今年初夏、老父が亡くなり、久々に外出して東京、恵比寿のジョエル・ロブションでクリスマスを過ごしました。 ディナーは税込・サービス料12%別で¥48,000なので、お手頃(?)なランチ 税込・サービ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その4

以前紹介した“美食のランチと絶景 その3”は東京駅 丸ビル35Fでしたが、今回のランチも同じ丸ビルの36Fにある“モナリザ”からの眺めです。 写真にするとよくわかりませんが、この日は富士山が眺められました。 新宿方面の眺めです。 池袋方面の眺めです。 アミューズ・ガル  ビーツのムース、胡桃、ヨーグル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四十九日 at 愛宕 醍醐

老父がこの5月に亡くなりました。要介護2で、寒さに弱く、晩年は毎冬沖縄で避寒をする生活でしたが、重篤な病気もせず、お医者様に「よい亡くなり方でした。」と言われたように、天寿を全うした人生だったと思います。 醍醐 白扇の間から見たお庭 葬儀も近親者のみで行いましたが、四十九日も家族のみで行い、個室がとれ、遺影、位牌を供えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 三友居 高輪

三友居は京都・東山銀閣寺畔にある茶懐石の店だそうですが、私が以前京都でランチの食べ歩きをしていた頃には訪れた事はなく、もっぱら夕食を買って帰る際、東京・銀座松屋にあるテイクアウトのお店を利用していました。 たまたま東京では港区・高輪にも会席のコースをいただける店があると聞き、訪れました。 前菜 柿ふろふき ふろふき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重山料理 潭亭

八重山諸島(石垣島以西~与那国島)の料理が沖縄本島、那覇市で食べられる‥と聞き、出かけて行きました。 前菜  後列左から、枇杷酒、ゴーヤゼリー、前列左から長芋のあえ物、豆腐ヨウ、あともう1つは何でしたっけ? 豆腐ヨウは前々から知ってはいましたが、色が生々しく、自分で購入してまで食べたいとは思わなかったのですが、この機会に初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at マキシム・ドゥ・パリ 銀座

最後にマキシム・ドゥ・パリ銀座で食事をしてから長い年月が経ちました。当時はフィルム・カメラの時代だったし、もちろん私のプロムナード・ブログも開設していなかったので、後にこうしてそのブログ記事を書くようになるなんで想像もできませんでした。その当時のマキシム・ドゥ・パリの食事の味も忘却の彼方にあった今日この頃、時々利用している某クラブの紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at オテル・ドゥ・ミクニ 四ッ谷

数年前、バースデー・ディナーを軽井沢・追分にあるドメイヌ・ドゥ・ミクニでいただいたのですが、このたび、本店にあたる東京・四ッ谷にあるオテル・ドゥ・ミクニでランチをいただく機会に恵まれました。 メニューは毎日変わるそうなので、前もって予約する日のメニューを問い合わせるとよいでしょう。 アミューズ・ガル  キッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at  SANT PAU 日本橋

前々から是非食べに行きたい‥と思っていたSANT PAU…このたび念願かなってランチに出かけました。SANT PAUはスペイン・バルセロナ郊外サンポル・デ・マル村に本店のある女性オーナー・シェフ、カルメ・ルスカイェーダの日本店です。本店は2006年にミシュラン3つ星となったそうです。 ランチのコース・メニューは¥5,500(平日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その3

眼下に広がる皇居、遠くには新宿の高層ビル‥と東京の一等地の絶景が眺められるこのレストランは東京駅丸ビル35Fにある“Sens &Saveurs”(日本語で“感覚と風味”の意味)です。 南仏モンペリエにあるレストラン“Le Jardin des Sens”(日本語で“感覚(私は感性と訳したい)の庭”の意味)の双子の二つ星シェフ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at KIHACHI 銀座

今回のKIHACHIも家庭画報7月号の特集記事に誘われて出かけました。以前公開したブログ“バースディ・ディナー at トエダ” でディナーをいただいたきっかけが家庭画報5月号で、大当たりだったからです。 メニューはあるクラブの為の特別メニューなので、実際に食事に行ってメニューとしてとりあげられているいるかどうか?はわかりません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 福臨門 銀座

年の初めに親戚に不幸があり、香典をお渡ししました。四十九日を過ぎて、香典返しとしてカタログが送られてきました。今までカタログの中から好みの品物を選んで注文する‥というのは何回か経験してきましたが、今回のカタログには“レストランを選んで2名で食事ができるグルメ招待カード”があり、我が家では東京 銀座 福臨門でのランチを選びました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄懐石料理

長い間活動し、何年か前に解散したサークルメンバーとは、解散後も時々会って会食をするのですが、今夏2年ぶりの再会に際し、某メンバーの提案で東京・赤坂の“潭亭”(たんてい)で沖縄料理をいただく事になりました。 場所は東京ミッドタウンと赤坂サカスの中間くらいで、もよりの駅は地下鉄千代田線の乃木坂、同赤坂、そして地下鉄大江戸線の六本木駅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その2

ANAマイレージの失効日が近づき、12,000マイルを¥15,000分に交換できるANA利用券(クーポン)に交換、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル36F“ピエール・ガニェール”にランチを食べに出かけました。ここ“ピエール・ガニェール”はミシュラン・ガイド東京・横浜・鎌倉2011にて2つ星を獲得したレストランです。 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余韻のランチ at 国立新美術館

東京、六本木、国立新美術館で開催されている“オルセー美術館展2010「ポスト印象派」”を見に行きました。数年前に訪れたパリ、オルセー美術館が2011年秋まで改装中なので、その間、世界各地を一部の作品が巡回するというイベントです。 パリではフラッシュ撮影でなければ、写真撮影が許可されていますが、東京の展覧会での撮影は禁止され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食のランチと絶景 その1

今まで小田急ハルク地下にあった“カフェ・トロワグロ”が1年半程前、小田急新宿店8Fに移り、メニューもプライスもリニューアルしました。カティはハルク地下時代から、このお店が大好きで買物等、新宿を訪れる折はこちらでランチをとっていました。今日は窓に面した席に案内され、目の前に新宿の高層ビル群を眺めながらランチを楽しみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more