バースディ・ランチ at アピシウス 有楽町

今年も?回目の誕生日がやってきました。恒例のバースディ・ランチを有楽町のアピシウスでいただきました。アピシウスという名は聞き覚えがあります。昨夏、旅行したハンガリーのヘレンド直営レストランと同名です。 アミューズ・ガル メニューに書かれていないので、食べている時はおぼえていたのですが、ブログを作成するころにはすっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーモンドの花と実

今年(2019年)2月に、イタリアのシチリア島に旅行しました。アーモンドの花咲く季節に合わせての旅行でした。私はアーモンドの花と実を見るのは、初めてです。 アーモンドの花 この花を撮影したのは、シラクーサの“天国の石切り場”です。1本だけ堂々と咲いていました。 アーモンドの実 この実は、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜港クルーズ

前回のブログ“大岡川クルーズの花見”乗船券が、港クルーズの割引券となっていたので、同日午後に港クルーズに乗船しました。乗船場所はPIER象の鼻、大桟橋の隣です。 横浜赤レンガ倉庫 出航してすぐに、左手に赤レンガ倉庫です。陸地から見るのとは又別の風情がありますね? ベイ・ブリッジ 船はベイ・ブリッジに向かい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大岡川クルーズの花見

一昨年の目黒川クルーズがあまりに醍醐味があったので、今年は横浜の大岡川クルーズに出かけました。正直言ってちょっとガッカリ!でした。 クルーズ発着所付近は‥ この写真は午後に乗船した横浜港クルーズ船からの写真です。水陸両用車が走って(?)いますね?船着き場は、ここ、日本丸係留所のすぐ近くです。 船着き場を出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御殿山の茶室 有時庵(うじあん)

江戸の花見の三大名所といえば、飛鳥山、上野の山、そして御殿山といわれます。そのうちの1つ、将軍鷹狩りの休憩所・品川御殿は、元禄時代に火災で焼失し、その後再建されずにいましたが、八代将軍吉宗の時代に桜が植えられ、江戸の花見の名所となりました。その後、幕末の黒船来航で山が削られ、今日(こんにち)では見る影もありません。それでも、地域のイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青山墓地の花見

墓地で花見とは?と驚かれるかもしれませんが、青山墓地は知る人ぞ知る港区有数の花見の名所です。 私達は、地下鉄東京メトロ・表参道駅から根津美術館前を経由して、墓地に入りました。 左手の高層ビルは六本木ヒルズです。この道を進むと都営バス停留所・墓地下です。 私達は、墓地内交差点を左折し、地下鉄東京メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“能”体験の集い

横浜能楽堂で、シテ方観世流、梅若紀影氏の案内で、能の簡単な所作を体験、説明を聞き、能舞台の見学をしました。 これは本舞台です。私達は第二舞台で、簡単な舞の指導を受け、本舞台で梅若氏の舞を見学しました。 その後、楽屋へ移動。鏡の間で、能面の目の穴から、外を見させていただきました。その穴の小さなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その6

新年恒例の新春祝い膳、今年は東京・六本木のリッツ・カールトン。ホテル・“ひのき坂”です。東京での新春祝い膳は3回目になりますが、おせち料理らしくないのもあり、全くのおせち料理というのもあり‥とそれぞれでしたが、今回こそおせち料理の雰囲気をただよわせ、かつ正当な会席料理でした。 祝い肴 赤飯、数の子土佐漬け、錦卵、芽甘草、車海老酒煮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at グンデル ブダペスト

前回に引き続き、海外旅行でのランチ、今回はハンガリーの首都ブダペストです。私は、こんな美味しいフォアグラを食べたことはありません。それもそのはず、玄関のロビーにはイギリスのエリザベス女王夫妻をはじめ、各国のセレブがグンデルを訪れたときの写真が飾られています。 前菜 今回もお店からのお料理の説明はありませんでしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at アピシウス ヘレンド

外国のランチを紹介するのは、初めてです。ヘレンドの器もさることながら、お食事の美味しさに魅せられました。ハンガリー旅行の際はぜひヘレンド工場や博物館見学だけでなく、アピシウスでのランチを旅程に入れてください。 アピシウス 陶器のライオン像左手に工場や博物館見学のチケット売り場があります。ライオン像まっすぐ後方がアピシウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎賓館 和風別館 游心亭

昭和9年(1974年、谷口吉郎によって設計されました。写真は、入場した裏口から和風庭園を通る時に撮影したものですが、正面玄関、正面玄関を入って右手の坪庭と建物内部は写真撮影が禁止されています。 私達が入場した建物裏口から、歩いてきた方角を振り返って撮影した写真です。池を隔てて、紅梅や白梅が植えられ、花の咲く季節は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向島百花園

都立文化財9庭園の1つ、向島百花園を訪れました。向島百花園は、1804~1830年に造園された江戸時代から続く、現存する唯一の花の庭園です。当時は将軍、幕府の要職の方々が訪れました。現代は東京スカイツリーが借景になっています。 園の大きさは、今までに訪れた中で一番と言ってもよいほど、小さな広さでした。 私達が訪れた頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ at 小笠原伯爵邸 河田町

小笠原伯爵邸は昭和2年、代々小倉城の大名であった小笠原家の敷地に、第30代当主・小笠原長幹(ながよし)伯爵によって建てられました。現在はスペイン料理のレストランとなっています。今回のブログではお料理と邸宅の両方から紹介していこうと思います。 玄関 まるでスペインにやって来たようなエントランスです。 グランド・サロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三回忌 at 福田家 紀尾井町

早いもので、亡父の三回忌を迎えました。法要は近親者のみで行い、法要後の食事を北大路魯山人ゆかりの、東京・紀尾井町 福田家でいただきました。 前菜  祥瑞坪々 山葵の葉  煽り烏賊と筍 アボガド 木の芽和え おかべの蝦蛄の胡瓜巻 白身魚雲丹香煎焼 唐墨大根 ホワイトアスパラ 唐墨は自家製との事。日本料理は最初の一皿で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バースデー・ランチ at シェ・イノ 京橋

今春も私の?回目の誕生日がやってきました。今回のバースデー・ランチは東京・京橋の“シェ・イノ”で行いました。 前菜 オマール海老のガトー仕立て“コート・ドール”風 テリーヌ好きのカティとしては、このテリーヌが食べたくて、このコースを選びました。メインにオマール海老を使い、野菜を添えてキャベツでくるみ、タラバガニを添え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋のモナリザ

カンボジア、アンコール遺跡群の1つ“バンテアイ・スレイ(女の砦)”には、“東洋のモナリザ”と呼ばれる美しい彫像があります。 フランス人作家、アンドレ・マルローは、この遺跡の祠堂に刻まれたデバター(女神)像に魅せられ、1923年に盗掘し、国外に持ち出そうとして逮捕され、のちにこの事件をもとに“王道”という小説を著したことで有名な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふぐ三昧(ざんまい) その2

遅い新年会ともいえる、今年初めての親族との初顔合わせに、東京。丸ビル35Fの山田屋にふぐ料理を食べに行きました。山田屋は大分県・臼杵市のふぐ料亭ですが、東京には西麻布(夜の部のみ)と丸の内に支店があります。ランチもいただける丸の内店での食事となりました。 先付 菜の花、チーズ西京漬、菱餅形の豆腐、ワラビ、鮑、粟麩、ふぐのにぎり等で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ローズ展

東京・池袋サンシャインシティで開催されたクリスマス・ローズ展に出かけました。会場入口では出店社のブースが続き、展覧会とは言え、商談会のようだな‥と思いましたが、出口近くになってやっと新花コンテスト、入賞花が並びました。 最優秀賞、日本クリスマス・ローズ協会・会長賞 クリスマス・ローズにしては珍しい漆黒に近い紫色ですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春祝い膳 その5

東京で迎える2回目の新春祝い膳です。場所選定のキーポイントは、お正月でも営業している事。そのためホテルの日本料理を選びます。そして初詣でに行く神社が近くにある事です。 ‥というわけで、今年は赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京の雲海でいただきました。予約時に「おせち料理ですよ。」と念を押されましたが、本当におせち料理で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス・ランチ at ベージュ アラン・デュカス 銀座

早いもので、クリスマスを東京で過ごすようになって1年が経ちました。亡父の死去以来、親族と共に過ごすクリスマスになり、クリスマスが近づくと、今年のレストランはどこにしょう?と始動します。‥という訳で、今年のクリスマスはシャネル銀座ビル10Fのベージュ アラン・デュカスで迎えました。 さすがに最上階だけあって、素晴らしい眺めです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more