シジュウカラガン

ヤフー野鳥図鑑の写真があまりにひどいので(=檻が写っている)、私の秘蔵写真を公開します。

シジュウカラガンは北方四島、サハリン方面に生息する、絶滅危惧種に指定されている貴重な鳥だとTVで放映されました。上記野鳥図鑑によると、アリューシャン列島、北米大陸でも生息しているそうです。
画像


このシジュウカラガンも自然に生息しているのではなく、飼育されているものです。ここでは1羽...合鴨と一緒に暮らしています。
画像


撮影場所はお伝えできません。シジュウカラガンには、静かな日々を過ごしてもらいたいと思っています。
画像


話は変わりますが、東京の浜離宮には浜太郎と呼ばれるガンがいます(いました?)。私が浜太郎の事を知ったのは、数年前、何十年に1度開花する竜舌蘭(メキシコではマゲイといいます。)の花が、何十年かぶりで浜離宮で咲いた..というので見に行きました。(竜舌蘭は開花後に枯れてしまいます。)
真夏の暑い日、売店の前を通りかかると、1羽のガンがアイスクリームを買い求める入園者を目を凝らして見つめています。
1口アイスクリームをあげようものなら、大変!
ガアガアと鳴き、服の裾を引っ張ったりして、おねだりします。中にはわざわざアイスクリームをを買い求め、丸々1個与えている人もいました。
私は“1日に7~8個は食べているだろうな...糖尿病になっちゃうんじゃないかな?いい暮らしができるから、シベリアに帰らないで、日本にいるのだろうな?”などと思いながら、ガンを眺めていました。
名前が浜太郎という事、浜離宮に飼育されている事、鳥インフルエンザの影響で檻に入れられている事をその後新聞の記事で知りました。
毎年正月に行なわれている、鷹匠による模擬の鷹狩りのイベントに浜離宮を訪れた際にも、浜太郎の姿を見る事はありませんでした。
今でも浜太郎は元気でいるのでしょうか?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント