睡蓮

この睡蓮の咲く池は、我が家からさほど遠くない所にあります。

画像


カティは現在住む町に引っ越して5年目になりますが、この睡蓮の咲く池を知りませんでした。

画像


趣味のサーックル仲間の連絡、写真の掲載に使っている掲示板に、ある時1人のメンバーがフラワー・ガーデンを訪れた時撮った睡蓮の咲く池の写真を投稿しました。すると別のメンバーのK夫人(ブログ・トップページより、日本の“ターシャ・テューダー”参照)が、「睡蓮なら、わざわざ入場料を払って見に行かなくても、私の散歩道にある池にいっぱい咲いている。」‥との事。
そこでカティは「そこは一体どこなの?」と尋ね、場所を知った訳です。そうは言っても、袋小路のつきあたりのような場所で、近くには似たような小道がいくつかあり、1度は見つからずあきらめて家に帰り、翌日再び場所を再度聞き撮影に出かけた…という“いわくつき”の睡蓮です。

画像


カティが睡蓮にご執心なのは、数年前フランス旅行で訪れたジヴェルニーにあるクロード・モネ邸の“睡蓮”の庭を見たからです。

画像


その後パリのオランジェリー美術館で彼の作品“睡蓮”を鑑賞しました。

画像


撮影している時、散歩中の婦人に出会い、「昔は白い睡蓮が多かったのに、いつの間にかピンクの睡蓮だらけになっちゃった。」という話を聞きました。
又、2~3年前までは池の中にチョロチョロとしか咲いていなかったそうです。

画像


こんな素晴らしい睡蓮を近くで無料で見れるなんて!うらやましいでしょ?





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ADEAM ララント
2009年07月05日 11:44
時々見せてもらっています。H邸さんの薔薇も見せてもらいに先週行きました。蓮の池は私たちも知りません。
どの辺でしょうか。
H 邸さんのアドレスもアンクル(主人)のアドレスに知らせていただけませんか。