ランチ at アピシウス ヘレンド

外国のランチを紹介するのは、初めてです。ヘレンドの器もさることながら、お食事の美味しさに魅せられました。ハンガリー旅行の際はぜひヘレンド工場や博物館見学だけでなく、アピシウスでのランチを旅程に入れてください。

アピシウス
画像


陶器のライオン像左手に工場や博物館見学のチケット売り場があります。ライオン像まっすぐ後方がアピシウス。その右がショップとなっています。

セッティング
画像


テーブル毎に器の種類が異なり、私達のテーブルはリヒテンシュタイン公国のリヒテンシュタイン家の注文品のシリーズでした。

前菜
画像


日本ですと、お料理についての説明があるのですが、ハンガリーではそういう習慣がないのか?言葉の問題なのか?ただただお料理がサーヴされるだけです。

メインディッシュ
画像


ハンガリーはヨーロッパ内陸部の国なので、基本的に肉料理が多いです。このランチもツアーだったせいか?肉料理、魚料理を選べません。美味しいお料理でした。

デザート
画像


クレープのようなデザートで、ハンガリーではパラチンタというようです。これが美味しかった!又、いつの日にか、これを食べにアピシウスに行きたいようです。

この後コーヒー又は紅茶がつきます。

先ほど私達のテーブルはリヒテンシュタイン家の注文品のシリーズと説明しましたが、他のテーブルはロスチャイルド家の注文品のシリーズや、かってのイギリスのヴィクトリア女王の注文品のシリーズとかで、お食事が出る前に他のテーブルに器を見て廻りました。

こんな素晴らしい器で食事をしたのは初めてですが、良い器は幸せな気分をもたらす癒しの効果があると実感しました。

最後に工場見学をした際の写真もお見せします。

作陶
画像


細かい作業にビックリ!

絵付け
画像


絵付けはベテラン職人による手書きです。日本でもヘレンドの器は1つ何万円としますが、ハンガリーで購入しても万とします。作業を見学すると、それだけの価値を感じますね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント