ランチ at スリオラ 銀座

新型コロナウイルス感染者増加のため、全国に緊急事態宣言が出ていましたが、それも終了した6月下旬、東京・銀座のバスク料理レストラン、スリオラでランチをいただきました。元々は4月に予定していた会食が延期になったものです。

アミューズ・ガル
DSC_0558.JPG
これはメニューには載っていません。サーヴされたとき、説明していただき、メモしたのですが、そのメモがどうしても見つかりません。

真イワシのコカ、パセリのピュレ
DSC_0559.JPG
以前、スペイン料理ではイタリアのピッツアに相当するものをコカという‥と聞いたことがあります。盛り付けも美しく、味も美味しい一皿でした。

京都樋口農園の青トマトのガスパチョ ジンのグラニサード
DSC_0560.JPG
想像していたガスパチョとは違うものでした。この味はユニークです。もちろん美味しく、このころになると、全員が“このレストラン、美味しいね!又来たいね!”との声。

豚喉肉とナスを詰めた小ヤリイカ イカ墨のソース
DSC_0561.JPG
私も以前スペイン料理でイカ(私のはスルメイカ。スルメイカの薄皮を、外側も内側もはぎとるんです。とても手間がかかります。)を使った料理を2種類作ったたことがあります。それとは中身も味も違うものでしたが、スペイン料理はイカに詰め物をするのが好きですね?このレストランのお料理はユニークで、美味しいです。以前食べたことがある‥という料理は出てきません。私もスペインは4回旅行した経験がありますが、いまだ(フランスを含めて)バスク地方へは旅行したことがありません。そのせいか、どの料理もデジャヴとは無縁です。

イベリコ豚プルマのブランチャ 燻製玉ネギのソース
DSC_0563.JPG
メインは3種類の中から選べます。また1段上のコースを選べば3種類のうち2種類(例えば魚と肉料理とか…)選べます。私はイベリコ豚を選びましたが、なんだか味付けが鰻の蒲焼に似ているような気がしました。

チャコリのゼリーと桃 ライムの軽いムース
DSC_0564.JPG
よくコース料理をいただくと、メインディッシュは高度なのに、それから想像するデザートはたいしたことない(大体はこちら)‥とか…デザートをこれだけのものだすのに、メインディッシュはちょっと落ちる‥ということがありますが、このレストランは両方のバランスがとれています。デザートも以前食べたことがない風味というのがいいですね。

自家製チョコレートと食後のお飲み物
DSC_0565.JPG
この皿の上は全部チョコレートです。硬いチョコレート。柔らかいチョコレート。チョコレート・ドリンクの3種類です。別途コーヒー、紅茶、ハーブ・ティーが選べます。私はカカオ・ティーを注文しました。これも初めて経験でした。味は黒豆茶に似ているという批評です。

私達のいただいたランチのお値段は、緊急事態宣言後のテンポラリー料金でスパークリングワイン込みで¥6,050(2020年6月現在)です。別途サービス料10%、消費税がつきます。

アクセスは銀座6丁目交詢社ビル4階で、東京メトロ銀座駅、JR線有楽町、新橋いずれの駅からも徒歩でいけるところにあります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント