テーマ:

旧古河庭園 日本庭園

旧古河庭園はバラ園で有名です。 そのため、この庭園にはりっぱな日本庭園があることは、あまり知られていません。作庭者である京都の庭師、小川治兵衛(1860~1933)によるものです。私達はこの日本庭園をガイドツアーで観賞しました。 枯滝 水を使わないで、山水の景観を表現する枯山水の道具立てで、心字池の洲浜の奥の渓谷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向島百花園

都立文化財9庭園の1つ、向島百花園を訪れました。向島百花園は、1804~1830年に造園された江戸時代から続く、現存する唯一の花の庭園です。当時は将軍、幕府の要職の方々が訪れました。現代は東京スカイツリーが借景になっています。 園の大きさは、今までに訪れた中で一番と言ってもよいほど、小さな広さでした。 私達が訪れた頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の特別公開 サントリーホール・ルーフガーデン

東京・赤坂アークヒルズ、サントリーホール(2017年5月現在休館中)屋上には、春の間、数日間だけ公開される(今年は4/23、5/3~5と4・5月の毎週金曜11:00~13:30)ルーフガーデンがあります。 ビルの屋上ですので、急な鉄階段を上り下りしながら観賞する小さな小さな庭園です。 花をアップして撮れば別で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国庭園 in 沖縄

那覇市にある中国庭園“福州園”は中国福州市との友好都市締結10周年等の記念事業として1992年に完成した本格的中国庭園です。日本国内には横浜、長崎‥と中華街がありますが、そこにはこれだけの大規模に造園された中国庭園はありません。 “福州園”は東部空間に春景色、中部空間に夏景色、西部空間に秋・冬景色をイメージして造園された瓢箪型の庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琉球庭園

数年ぶりに沖縄を訪れました。首里城再訪の際、首里城近くの庭のある琉球茶房“あしびうなぁ”で昼食をとり、お庭の写真を撮りましたので、前回の沖縄旅行で訪れた識名園と合わせ、大庭園とお店のお庭を紹介したいと思います。 識名園 識名園は1799年、琉球王宮の別邸として築庭されました。首里城と同じく、第2次世界大戦で破壊されたましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カティの“オープンガーデン”巡り 夏篇

春にオープンガーデン巡りを再開した矢先、世の中は新型インフルエンザで大騒ぎ!カティも外出を控え、家の中で過ごす日が多く、すっかりその1の後が続きませんでした。季節も移り変わり夏となりました。春篇は来年以降に続くとして‥ その1 今回その1で訪れたオープンガーデンはカティの家から離れた所にあります。こちらS-35はコマーシャル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の“ターシャ・テューダー”

カティの町のH邸、K夫人は、日本の“ターシャ・テューダー”です。 ガーデニングが大好きで、四季折々に花のレイアウトを変えて楽しめるよう、庭の手入れをかかしません。玄関では犬の置物が訪問者を迎えてくれます。 ターシャの庭では、愛犬のコギーが迎えてくれますが、K夫人は「犬の一生を通して、めんどうをみてあげられるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カティの“オープンガーデン”巡り 春篇

このブログは昨秋公開したカティの“オープンガーデン”巡り 秋篇の続篇です。半年ぶりに冬をはさんでオープンガーデン巡りを再開しました。 ブログの更新は不定期で、シリーズはその1、その2…と一つのストーリーの後に付け加えられます。更新をスタート画面にするスタイルとは違いますので、お間違えないように… その1 こちらW-42…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カティの“オープンガーデン”巡り   秋篇

私の町ではオープンガーデン(個人の庭などを一般に公開するもの。ガーデニングの本場イギリスが発祥の地)に参加している庭が40ヶ所ほどあります。町のオープンガーデンについては、うすうす知っていましたが、個人の庭をわざわざ時間をさいて見学して廻る事もないと、行動をおこす事もなく、過ごしていました。 先日、普段は車で通り過ぎる道を、所用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more